ここから本文です

綾瀬はるかのモノマネ芸人である沙羅が、綾瀬本人との対面を振り返った。また、綾瀬と共演経験があるはずの俳優・中尾明慶からも間違えられたことを明かした。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


綾瀬はるかモノマネ師が本人と対面して......本人の反応>>


沙羅が、映像配信サービス「GYAO!」にて公開中のトークバラエティ「ぶるぺん」に出演。「早押しクイズでテンパりすぎてしまった綾瀬はるか」や「初デートでも期待を裏切らない綾瀬はるか」、「雑誌のインタビュアーを困惑させる綾瀬はるか」といったネタを披露した。また、「そのままでいけちゃう。考え込まなくていい」と綾瀬らしいネタを作るコツも語っている。

天然発言連発の綾瀬はるか再現ものまね>>


もともと沙羅はフジテレビ系「笑っていいとも!」の素人そっくりさん企画でチャンピオンを獲得したことをきっかけに、綾瀬のモノマネ芸人としての道を歩み始めたらしい。綾瀬と同じ事務所の中尾明慶と遭遇したときは、妙に丁寧にあいさつされて、「違います。私はモノマネです」と伝える一幕もあったと語った。

綾瀬はるか似が篠原涼子をマネすると......>>


また、昨年末に綾瀬本人と対面した際、「いつも拝見しています」と声をかけられたことも明かした。沙羅は、「4年目になるんですけど、毎日本人に似せようと頑張ってきたつもりなのに、本人に会った瞬間『似てない!』って思ったんですよ。こんなに違うんだって。びっくりしました、かわいすぎて......」と振り返った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ