ここから本文です

男性同士のラブコメディ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)が、6月2日についに最終回を迎えた。流されっぱなしのダメ男・春田創一が、自ら選んだ相手とは......? 番組ハッシュタグがトレンド世界第1位を獲得して、有終の美を飾った。

サムネイル

イメージ画像 バレンタインイメージ(写真:アフロ)


【無料配信】男性同士のラブコメディ「おっさんずラブ」最新話を配信中>>


女好きだが、まったくモテない33歳の春田創一(田中圭)は、ある日突然、モテ期を迎えることになる。彼に告白してきた相手というのは、ピュアすぎる乙女心を隠し持つ"おっさん上司"黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、ルームシェアしている"イケメンでドSな後輩"牧凌太(林遣都)だった――。

前回のエンディングでは、春田と牧が破局して1年後に時間が飛び、春田が武蔵と同棲(どうせい)生活を送っていることが明らかになった。「はるたん最低」という怒りの声が上がり、視聴者たちが騒然とする中、ついに迎えた最終話。武蔵との結婚式の最中、春田はついに自身の思いに気づく。

「この春一番ピュアなラブストーリー」という謳い文句はウソではない。ヒロイン・吉田鋼太郎というインパクト大の設定にまず目が行くが、「おっさんずラブ」は、「"人を好きになる"って......何!?」というテーマに最後まで真正面から向き合ってみせた。

キュンキュンする結末に視聴者たちは大盛り上がり。Twitterでは、「おめでとう」「ありがとう」と幸せなカップルを祝福する声が続々と上がっている。さらに前回に引き続き、Twitterのトレンドワードで番組ハッシュタグが世界第1位を獲得。放送終了から約3時間たった6月3日午前3時の時点で、なんと総ツイート数は67万件を突破した。

「おっさんずラブ」をきっかけにBLドラマのブーム到来を予想する声もあるが、もともとの腐女子以外も魅了した同ドラマを超える作品を作るのは、なかなかハードルが高そうだ。「おっさんずラブ」に対して、続編や映画、スピンオフ制作を希望する声も相次いでいる。

【無料配信】「おっさんずラブ」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ