ここから本文です

ロックバンド・HOUND DOGによる大ヒット曲「ff(フォルティシモ)」の幻のバージョンがテレビ初披露された。もともとはボーカルの大友康平が作詞を担当していたらしい。

サムネイル

音楽イメージ(写真:アフロ)


HOUND DOGの大ヒット曲「ff」、幻の原曲をテレビ初披露......歌詞が全然違う!>>


6月4日・11日放送のテレビ東京系「~アーティストが本気で届けたい曲をテレビ初披露!~ ハツダシ!」は、「思い入れはあるが未リリースの曲」や「わけあってボツにしてしまった曲」、「ライブだけで演奏するファンのみぞ知る曲」など、普通の音楽番組では歌えない、アーティストが本気で届けたい曲をテレビ初披露する歌番組。

世の中で広く知られている「ff」は松尾由紀夫が作詞を担当しているが、大友いわく、実は「ff」には大友が作詞したバージョンが存在しているそう。リリース直前に事務所やレコード会社から「もっとインパクトのある詞にした方がいいんじゃないか」と指摘されたと明かした。

そして、大友自身が歌詞を書き下ろした原曲バージョンが披露された。MCを務めるタレント・小島瑠璃子は、原曲バージョンを「ピュアで照れ屋だけど、真っすぐな熱い男の歌詞」と評している。また、6月4日放送回では他にも、織田哲郎とダイアモンド☆ユカイをつないだ"因縁の曲"が披露された。

なお、6月11日深夜0時17分より放送される次回は、ヒップホップユニット・Creepy Nutsがライブでしか演奏しない未リリース曲をテレビ初解禁。また、"神泉系"として注目を集める男女5人組バンド・フレンズが 結成のきっかけとなった曲をテレビ初披露する。

【無料配信】「~アーティストが本気で届けたい曲をテレビ初披露!~ ハツダシ!」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ