ここから本文です

端整な顔立ちと確かな演技力で、早くもブレーク必至と注目されている若手俳優・神尾楓珠(かみお ふうじゅ)は、放送中のカンテレ・フジテレビ系列ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜ヨル9時放送)で、物語のキーマンに大抜てきされた。

「シグナル」は、2018年を生きる刑事・三枝健人(坂口健太郎)と、過去を生きる刑事・大山剛志(北村一輝)が謎の無線機で交信し、未解決事件の真相を明かしていくヒューマンサスペンス。神尾楓珠は、冤罪(えんざい)という影を背負いながら自分の意志を貫く高校生・亮太を演じて話題を集めている。

サムネイル

俳優・神尾楓珠が出演中「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜ヨル9時放送)


・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

■「今期1番スリリングで面白いドラマです」

サムネイル
「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜ヨル9時放送)


――ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の魅力とはなんでしょうか?

神尾: 「色味とか芝居の雰囲気が映画っぽいですよね。スリリングな展開に釘付けになり、取り込まれる面白いドラマだと思っているので、じっくり見ていただきたいです。放送中の最後の事件は、僕の親世代の方が見ても考えさせられるし、10代20代の視点で見ても、また違う魅力があります。いろんな世代の方に楽しんでもらえる作品です」

――初めて台本を読んだときの感想は?

神尾: 「過去と2018年を行き来するので時系列も飛び飛びで、ストーリーを文字だけで理解するのは大変でしたが、時を超えた正義への強い思いと人間模様、あと謎を深めていくストーリーは目が離せません。僕が演じる亮太は、家族が大好きで人間が大好き。冤罪(えんざい)という闇を背負いながらも、真っすぐでいられる強い人間性を持っています。最初は『あ、クレジットに名前が乗るんだ』と喜んでいましたが、こんなに作品にとって重要な役をいただけるとは、『まさか』という驚きでした(笑)。今でもプレッシャーは全然乗り越えられていなくて、戦っている真っ最中です。」

サムネイル
俳優・神尾楓珠が出演中「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜ヨル9時放送)


――6月12日に最終回を迎えます。見どころは?

神尾: 「亮太はなぜ死ななければならなかったのか、に注目してもらいたいです。亮太の覚悟やその強さに隠された"ある思い"が明かされる大事なシーンがあります」

■「シグナル」現場で北村一輝から受けたアドバイスとは

――「次世代のイケメン俳優」と言われることが多いと思います。そのことに関してはどう感じていますか?

神尾: 「イケメンと言われるのは素直にうれしいですが、さらにいるだけで空気が変わるような存在感のある役者さんになりたいです。今回の撮影で、北村一輝さんに『若くてイケメンな子はいっぱいいるけど、表情を崩したりしない子が多い』という意見を頂いたので、まずはそのアドバイス通りに頑張りたいです。亮太という難しい役はうってつけかもしれません」

――神尾さんは、今回の「シグナル」でも衝撃的な死を遂げる役を演じることになりました。影のある役を演じることについては?

神尾: 「それはもう楽しいですよ。自分にはない部分を演じたりイメージしたりするのがすごく面白い。でも、そういう役が続いているので、次に何かの作品で僕を見かけたら、『あ、この役の子は死ぬな』って思われちゃいそうですね(笑)。今後は、爽やかな青春ドラマとか、ワイワイしている学園ドラマもやってみたいですし、年齢的に今しかできない役に挑戦したいです。もちろん、やらせていただけるなら何でも大歓迎ですけど(笑)」

サムネイル
俳優・神尾楓珠が出演中「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜ヨル9時放送)


――目標にしている俳優さんはいらっしゃいますか?

神尾: 「この業界に入って、柳楽優弥さんに似ているとよく言われるのでうれしいですし、意識しています。ただ、柳楽さんはとても演技がうまくて、唯一無二の存在感を持っている役者さんなので、マネしても仕方ない。あんな風にキャラクターが確立できることが理想ですけど、学べるところは学んで、自分は自分の個性を大事にした役者になれるように頑張っていきます」

・・
「シグナル 長期未解決事件捜査班」は毎週火曜ヨル9時放送。
無線機を通じてつながる"現在"と"過去"の刑事が、 長期未解決事件に挑む――。
幼い頃、女子児童誘拐殺人事件で児童を連れ去った女を目撃した三枝(坂口健太郎)。事件が未解決のまま時効間近となっていたある日、廃棄されるはずの無線機から声が聞こえてくる。声の主は三枝と同じ事件を追う刑事(北村一輝)で、過去を生きている人物だった。二人は協力して事件の謎を解き明かそうとする――。
映像配信サービス「GYAO!」にて独占公開される、テレビで描かれていない物語をつなぐもう一つのドラマ"チェインストーリー"も大きな見どころのひとつ。

◆神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)
1999年1月21日生まれ、東京都出身のO型。
TBS系「監獄のお姫さま」「アンナチュラル」、WOWOW「アキラとあきら」などのドラマに出演。2017年夏には映画『兄に愛されすぎて困ってます』で映画デビューを果たした。座右の銘は「日々是好日」。

【スペシャル映像】チェインストーリーとは・・・解説動画>>


・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>
・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(取材・文/沢野奈津夫@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ