ここから本文です

キックボクシング界の"神童"と呼ばれ、先日デビュー30連勝を達成した那須川天心が、6月17日に開催される立ち技打撃格闘技イベント「Cygames presents RISE 125」でムエタイのロッタン・ジットムアンノンと対戦する。兄・天心と同じTEPPEN GYMにて研鑽(けんさん)の日々を送る妹の那須川梨々も、同大会でプロデビュー戦に臨む予定だ。

厳しい表情でキックボクシングについて語り、プロの厳しさを梨々に説き続ける天心だったが、ふとした時に垣間見えたなごやかな雰囲気はまさに"兄妹"。そのギャップが可笑しいインタビューとなった。

サムネイル

30連勝の神童・那須川天心、プロデビュー戦を飾る妹・梨々「Cygames presents RISE 125」(6月17日開催)


【生配信(無料)】6月17日(日)15時~「Cygames presents RISE 125」全試合を生配信>>

【スペシャル映像】RISE125幕張大会>>


■天心が見せる梨々への厳しさ「プロとしての心構えを持って欲しい」

――梨々さんの対戦相手、佐藤レイナ選手の印象は?

梨々: 「前蹴りを多用すると聞いています。動画を見たら追い込みもすごくやっていて、スタミナも打たれ強さもあるイメージですね。でも、気持ちでは負けないです。『梨々は突進してくる』って言われるんですが、自分の良いところだと思います。年齢もキャリアも相手の方が上ですけど、関係なく勝ちにいきたいと思います」

天心: 「自分の存在がなかったらこんなに梨々も注目されていない。なので、自分が責任持って追い込みをやっています。スパーでも腹蹴ったりしてますよ。プロの厳しさを知ってもらいたい。プロとしての心構えをもっと持って欲しい部分はあります。デビュー前ですが、もっとできるはずです」

――天心さんの対戦相手、ロッタン・ジットムアンノン選手については?

天心: 「本当に強い相手を呼んできてくれたなって。今までの中でも最強の相手だと思います。一発一発が重くて、フィジカルもめっちゃあります。相手の方が経験値も体重も上だし、試合が長引いたらちょっと危険かなとは思います。階級を上げたばかりで、強い選手とはやることは挑戦の1つでもあります。やってやりますよ」

梨々: 「KOで勝って欲しいです」

天心: 「言われなくてもわかってるって感じです(笑)」

■天心、胴回し回転蹴りに「あれは一瞬の思いつき」

――梨々さんは「那須川家で1番才能がある」と言われていますが、天心さんから見てどう思いますか?

天心: 「やってみたらそうでもなかったかな(笑)。でも、吸収力は早いと思います。アドバイスを受けたらその場で覚えようとする意思もある。それと、戦っている最中でも冷静な部分は自分と似ているかもしれないですね。今、TEPPEN GYMは日本でもかなり環境の良いジムです。そこで男子に混じってバリバリやっているので、自信もついている。あとは本番でどれだけ力が出せるか。練習と本番では全然違いますから」

――梨々さんは本番に強いほうだと自分で思いますか?

梨々: 「はい。本番のほうがイケるタイプです。リングに上がる前は緊張しますけど、上がっちゃえば緊張しないです」

サムネイル
30連勝の神童・那須川天心、プロデビュー戦を飾る妹・梨々「Cygames presents RISE 125」(6月17日開催)


――記者会見で「兄よりインパクトを残すKOで勝ちたい」とおっしゃっていましたが、天心さんのような大技をなにか用意しているのでしょうか?

梨々: 「あれは思い切って言いました(笑)。大技は特に考えてないですね。天心がやったワンチャローン戦の後ろ蹴りが印象に残っているんですが、なかなかああいうのは......」

天心: 「でも梨々も練習ではやってるんですよ」

梨々: 「しっかり狙えば当たるのかもしれないですけど」

――先日、天心さんは中村選手に胴回し回転蹴りを当てていましたが、あれはずっと狙っていたのですか?

天心: 「中村選手が、あれの一個前にワンツー打ってきて、それにフック合わせたらちょっと距離が近かったんです。その後またワンツーで入ってきたので、距離感の違う胴回しを合わせました。ああいうのは一瞬の思いつきですね」

梨々: 「試合中にそんなの思いつかないです。私の場合は、セコンドの声を聞いてそれをやるようにしてます。あれが出来る選手は少ないです」

天心: 「まず、やろうって発想がない人が多い。やろうって思ってない人は、やられるとも思っていない。だから当たるんですよ。大きな技をやろうとする選手は、心の強さみたいなものを持っているので、強いヤツが多いっすね」

■休日は2人でゲーム「天心は勝つまでやる」

――天心さんは、先日デビュー30連勝を達成しました。梨々さんが思う天心さんのすごい部分は?

梨々: 「スタミナもあるし、試合中のアイデアも多い。練習に対する集中力もすごい」

――私生活については?

梨々: 「それはあんまり尊敬してないですね(笑)。どこにでもいる普通のお兄ちゃんです。試合や練習のときと表情が全然違いますよ」

天心: 「普段も試合中と同じ顔してたら気が狂った人になるでしょ(笑)。だから切り替えは大事にしています。会社員の人にとっての仕事が、自分の場合は練習になります。その練習は1日に2~3時間しかないので、そのぶん思いっきり集中します。体のスタミナも頭のスタミナもフルに使って、終わったらダラ~って感じです(笑)」

――お2人で遊んだりすることもあるんですか?

天心: 「全然ありますよ。普通に『Wii』とか。もちろん自分の方が強いですけど」

梨々: 「ゲームによるよ。私が勝つこともあるし(笑)」

天心: 「いや、負けてないっす。兄より優れた妹なんていないっす(笑)」

梨々: 「だって天心、勝つまでやるから(笑)」

天心: 「いや、一度も負けてないっす!」

梨々: 「いつもこんな感じです(笑)」

サムネイル
「Cygames presents RISE 125」映像配信サイト「GYAO!」では6月17日(日)15時から、全試合を無料で生配信


6月17日の「Cygames presents RISE 125」(千葉・幕張メッセイベントホールで)で、天心は史上最強の敵と謳(うた)われるムエタイのロッタン・ジットムアンノンと対戦。梨々は、同日同大会でNJKFミネルヴァアトム級日本ランキング1位の強豪・佐藤レイナと対戦する。
映像配信サイト「GYAO!」では6月17日(日)15時から、全試合を無料で生配信。さらに大会翌日6月18日(月)18時(予定)から全試合を最速でアーカイブ配信する。

【生配信(無料)】6月17日(日)15時~「Cygames presents RISE 125」全試合を生配信>>

【無料配信】「RIZIN」過去の全試合>>

◆那須川天心
1998年8月18日生まれ、千葉県出身の19歳。"神童"と呼ばれる天才ファイターで、15歳でプロデビューを果たし、16歳でRISEバンタム級の王座を戴冠。2018年5月には無傷のデビュー30連勝を達成した。

◆那須川梨々
2002年7月10日生まれ、千葉県出身の15歳。アマチュアでは33戦で30勝3敗の戦績を誇り、2018年6月17日のRISE 125で念願のプロデビューを果たす。

(取材・文/沢野奈津夫@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ