ここから本文です

お笑いタレント・野沢直子の娘で格闘家の真珠・野沢オークライヤーが、リハビリ生活について語ったスペシャル映像を公開。片腕でトレーニングに励む近況を明かしている。

サムネイル

格闘家の真珠・野沢オークライヤー


真珠・野沢オークライヤー ゲストトーク>>


【無料配信】「RIZIN」過去の全試合>>

真珠は昨年7月にさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-」にて、格闘家としてプロデビューを果たした。勝利を重ねてきたが、今年1月、右ひじの靭帯を断裂していたことを公表。手術を受けて休場していた。

5月6日に行われた「RIZIN.10」(福岡)のスペシャル映像に真珠がゲスト出演した際、新チャンピオンとなった浅倉カンナ選手について、「すごい選手だと思います。タックルのタイミングは、女子でも男性でも世界トップだと思います」とコメントした。

自身のケガは回復までに9カ月はかかると診断されているそうだが、「頑張って大みそかまでに治したいと思います」「私も(試合)やりたいです!」と宣言。また、「お医者さんにはダメって言われているんですけど、片手でスパーリングとか......」と、すでにトレーニングを再開していることも明かし、「ジャブが強くなります」と茶目っ気たっぷりに語っていた。ちなみに母親である野沢直子は、「もっと休んでいたら?」と心配しているそうだ。

【無料配信】「RIZIN」過去の全試合>>

【生配信(無料)】2018年6月17日(日)15時~「Cygames presents RISE 125」全試合を生配信>>

【スペシャル映像】2018年6月17日開催「RISE125幕張大会」>>


【※おわびと訂正】
初出時、本文中に誤りが一部含まれていました。ご迷惑をおかけしました読者ならびに関係者各位に深くおわび申しあげるとともに、こちらに訂正させていただきます。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ