ここから本文です

女優の篠原ともえが、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「さきどりBose」に"宙ガール"として登場。今年が見ごろの天文現象を紹介するなど、宇宙愛があふれるトークを繰り広げた。

サムネイル

(C)GYAO!


平成最後の夏、火星が大接近!? 肉眼でも観られる可能性あり>>


「さきどりBose」は、チマタで流行しているモノ・コトをヒップホップユニットのスチャダラパーのBoseと楽しみながらさきどりする情報バラエティ。最新回は「美しき宇宙」特集として、宇宙好きな女性"宙ガール"として近年話題の篠原ともえと、彼女の天文仲間である天文カメラマン・井川俊彦氏が登場した。

関東一の天体観測スポットは、奥日光にある戦場ヶ原の駐車場!>>


番組では、「これから見ごろになる天文現象」や「オススメの観測スポット」を紹介。もともと天体に興味があったというBoseはもちろん、「夏の大三角形で(知識が)終わっている」という番組アシスタントのタレント・小池美由も興味を惹かれた様子だった。とくに篠原が自らデザインした星座柄の服には、小池も「かわいい! 取り入れやすい」とコメントしていた。

宙ガールはこんなにもたくさん楽しみ方がある! 篠原ともえの活動がすごい>>


篠原は、近年は宙ガールとしての活動が認められて、小惑星にShinoharaという名前もつけてもらったそうで、「宙ガールになってよかった~」とニッコリ。今後はプラネタリウムで開催する"プラネタリウム・ライブ"を全国で展開していきたいと語った。篠原たちの宇宙トークが堪能できて、今回の「さきどりBose」は、夏のお出かけや、子供の自由研究の参考にもなりそうだ。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ