ここから本文です

全日本アームレスリング選手権を四連覇しているプロアームレスラーの芝岡美津穂氏が、アメリカの腕相撲大会の賞金額を明かした。予想外の少なさに、番組MCたちも驚きだった。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


美人アームレスラーの前腕のサイズに驚き>>


"美人すぎるアームレスリングチャンピオン"として話題の芝岡氏が、映像配信サービス「GYAO!」によるオリジナル番組「ぶるぺん」に登場した。小柄な女性だが、確かに腕の筋肉がすごい! 腕の太さを計測したところ、上腕が32.4cm、前腕が29.4cmほどだった。また、番組アシスタントのタレント・小池美由と、番組MCのお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介と腕相撲をしてみたが、2人ともちっとも敵わなかった。

意外なトレーニング方法や、試合中に起こるハプニングについても語られた。さらに芝岡氏は、賞金事情も明かした。「一番高い大会で3万とか。アメリカだとちょっと高くて、4万くらい」と聞いて、小池も松尾も「少なくない?」と驚き。芝岡氏は、「現地でやっている人はわかりませんけど、自分たちが遠征で行って出る金額はそのくらい」と切ない舞台裏について話した。

松尾が「正直食べていくの難しくない?」と素直な疑問をぶつけると、芝岡氏は、「普段は働いています。お父さんが自営業なので、その手伝いをしたりとか」と返した。なお、芝岡氏は、SNSなどを通じてスポンサーを募集している。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ