ここから本文です

マツコ・デラックスが、苦手な人間への対応をもらした。有吉弘行は、「レギュラー番組を排除して、最近マツコさんがやった特番を探せばいい」と指摘している。

サムネイル

A wax figure of Matsuko Deluxe on display at the Madame Tussauds Tokyo wax museum in Odaiba, Tokyo, June 15, 2015. (写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「マツコ&有吉 かりそめ天国」、マツコと有吉は嫌いな人間にどう接する?>>


6月27日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」では、「嫌いな人に対してあからさまに嫌な態度をとってしまう。お2人は嫌いな人にどう接していますか?」という投稿が取り上げられた。マツコは、「これ相当リスキーよ」と答えに迷いながらも「あたしが不必要に笑っていたら、その相手嫌いだと思って。おかしいじゃん? あたしがそんな笑みを......。あんなに普段あっさりやっている人間が......」ともらした。

有吉の「嫌いな相手ほど持ち上げたり、笑ってあげたりとか」という言葉に、マツコは、「そうそう! あなたもしてる?」と食いついたが、有吉は「俺はいつでもナチュラル」とかわしてみせた。マツコは、「ズリーよ! なんで、あたしだけ!」と叫んだ。

有吉が「少なくなったね、苦手な人と仕事するの」と言うと、マツコも「ありがたいことに自分の番組やらせていただいているじゃん。ゲストでいろんな番組いっぱい出るみたいなことがもうないから、気心知れた人とだけ仕事ができてる。まぁそうじゃないときもあるけど、大概はそういう人たち」と同意した。

マツコは「あたしのさっきのも過去の話だから。5年以上は前の話ですから」と強調したが、それでも有吉の追及は止まらず。有吉は、「レギュラー番組を排除して、最近マツコさんがやった特番を探せばいい」と指摘していた。

番組では他にも、「ナチュラルを押し付ける"ナチュラリスト"が苦手」という投稿が取り上げられた。マツコは、「無印良品」の思い出を熱弁。マツコの無印愛あふれるトークに対して、ネット上でも「すごくよくわかる」と共感する声が上がっている。

【無料配信】「マツコ&有吉 かりそめ天国」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ