ここから本文です

福士蒼汰が主演を務める映画『BLEACH』が、7月20日より公開。原作は、『ONE PIECE』や『NARUTO-ナルト-』と並び、『週刊少年ジャンプ』で熱く支持された大ヒット少年漫画。映像配信サービス「GYAO!」では、アニメ版『BLEACH』の『死神代行篇』全20話と『尸魂界篇』全89話を一挙無料配信。

サムネイル

(C)久保帯人/集英社・テレビ東京・dentsu・ぴえろ


【無料配信】「BLEACH」死神代行篇(全20話)※配信期間_7月18日~7月24日>>


【無料配信】「BLEACH」尸魂界篇(全43話)※配信期間_7月25日~7月31日>>

【無料配信】「BLEACH」尸魂界篇(2)(全46話)※配信期間_8月1日~8月7日>>

幽霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護は、死神を名乗る謎の女・朽木ルキアから力を譲り受け、死神の任務を代行するハメになる。家族と仲間を護るため、人間の魂を喰らう悪霊・虚〈ホロウ〉と死闘を繰り広げる一護だったが、想像を絶する運命が待ち受けていた――。久保帯人による原作漫画(全74巻)は、全世界で累計1億2000万部を超えるベストセラー。

『BLEACH』が愛される大きな理由のひとつとして、そのオリジナリティあふれる世界観が挙げられる。舞台となるのは、人間が住む"現世"と、死神たちの"尸魂界(ソウル・ソサエティ)"。死神たちが異形の悪霊・虚との戦いの武器としているのは、持ち主の霊力によって姿形を変える"斬魄刀"だ。登場人物たちの個性的でスタイリッシュなキャラクターデザイン、そして、ウィットに富んだセリフやモノローグの数々が、読者の心を惹(ひ)きつけた。

洗練されたセンスは、アニメ版でも健在。とくにOPやED映像はどれも楽曲や斬新な演出などから高い評価を得ている。『BLEACH』独自の世界観は、7月20日に公開される実写版でも見事に再現されるのか、期待したい。

「GYAO!」では、『死神代行篇』全20話を7月18日から24日まで、『尸魂界篇』全43話を25日から31日まで、『尸魂界篇(2)』全46話を8月1日から7日まで、一挙に無料配信する。

[ALEXANDROS]による映画「BLEACH」主題歌「Mosquito Bite」特別映像を配信>>


【無料配信】「BLEACH」死神代行篇(全20話)※配信期間_7月18日~7月24日>>

【無料配信】「BLEACH」尸魂界篇(全43話)※配信期間_7月25日~7月31日>>

【無料配信】「BLEACH」尸魂界篇(2)(全46話)※配信期間_8月1日~8月7日>>

◆配信スケジュール
【無料配信】「BLEACH」死神代行篇(全20話)
[全話一挙配信期間] 2018年7月18日(水)~7月24日(火)

【無料配信】「BLEACH」尸魂界篇(全43話)
[全話一挙配信期間] 2018年7月25日(水)~7月31日(火)

【無料配信】「BLEACH」尸魂界篇(2)(全46話)
[全話一挙配信期間] 2018年8月1日(水)~8月7日(火)

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ