ここから本文です

俳優の小泉孝太郎が主演を務めるテレビ東京系「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON」の第1話が7月20日に放送された。今年2月に急性心不全で亡くなった俳優・大杉漣さんが演じていた亀山良夫係長が登場し、ファンから感動の声が上がった。

サムネイル

イメージ画像 (写真:アフロ )


【無料配信】故・大杉漣さんのシーンも「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON」を配信中>>


作家・富樫倫太郎による小説を原作としたドラマ「警視庁ゼロ係」シリーズは、2016年1月クール、2017年7月クールと放送され、今回で3シーズン目。厄介払いされた人材が集まる警視庁杉並中央署の「生活安全課なんでも相談室」、通称"ゼロ係"を舞台に、事件は読めるエリートキャリアだが空気は読めない"究極のKY刑事"小早川冬彦(小泉孝太郎)と、男勝りのベテラン刑事・寺田寅三(松下由樹)の迷コンビが難事件に挑む姿を描く。

第1話では、冬彦と寅三がビニールで全身を巻かれた女性の絞殺体を発見。同じ手口の被害者はこれが3人目で、なぜか全員が右手の小指を切断されていた......。

新シーズンで亀山はすでに定年退職しており、横山健夫(片岡鶴太郎)が後任の係長を務めている。しかし第1話には、殺人事件を追うゼロ係のもとに亀山から電話がかかってきて、事件の手がかりとなる情報を伝えてくれる一幕があった。さらに過去シーズンでの亀山の登場シーンも回想として流れ、ネット上では「なんて粋な計らいなんだ」「大杉漣さんは愛されてるのね」「亀山係長を生きさせてくれてありがとう」「回想シーンも流してくれてその後のゼロ係の皆の優しい表情が印象的でした」といった声が上がっている。

【無料配信】「警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~THIRD SEASON」最新話を配信中>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ