ここから本文です

アイドル好きで知られるマツコ・デラックスが、現代のアイドルの売り出し方について語った。「スターなんて生まれないよ」と言い放つ、その理由とは?

サムネイル

A wax figure of Matsuko Deluxe on display at the Madame Tussauds Tokyo wax museum in Odaiba, Tokyo, June 15, 2015. (写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


アイドル好きで知られるマツコ・デラックスが、現代のアイドルの売り出し方について語る>>


7月25日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」では、「もう若い世代は山口百恵を知らないのに、なぜいまだに大型新人アイドルが現れると"山口百恵の再来"と呼ばれるのか?」という投稿が取り上げられた。有吉弘行は、「新聞読むのも記事作ってんのもジジイだから」とコメント。マツコも「ジジイはいつまでも夢見てんのよ」と同意した。

話題は、「なぜ今、本物のスターが生まれないのか?」という方向へ。現代ではさまざまなプロフィールが明らかにされてしまうとして、マツコは、「スターっていうのは、みんなで作り上げていくもの。SNSだのなんだのあって、見ている人たちがみんな町中で勝手にパシャパシャ撮っちゃう時代にスターなんて生まれないよ」と持論を展開した。

マツコは、「面白い子だったり、チャーミングな子だったりっていうのは参上するけど、圧倒的な何かにはならんよね」と指摘した。有吉が「スカウトもつまらなくなったよね。プロ野球とかも、同じようなデータから取ってきてるだろうし」と言うと、マツコも「『よく見つけたな!』みたいなの、もうないと思うよ」と頷(うなず)いた。

また、トークの中で、「現代の女性タレントたちが7、80年代にスカウトしていたら?」という話題も出た。マツコは、「もしもタレント・藤田ニコルが違う時代にアイドルとしてデビューしていたら」として、「松本明子さんには申し訳ないんだけど、にこるんは簡単に超えられると思う......!」と恐縮しつつもイメージをふくらませた。

【無料配信】「マツコ&有吉 かりそめ天国」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ