ここから本文です

7月23日~29日期間中のドラマを、「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。7月28日に放送されたフジテレビ系土曜プレミアム「コード・ブルー特別編・もう一つの戦場」が13.5%を記録し、トップを獲得した。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 フジテレビ系「コード・ブルー特別編・もう一つの戦場」(7月28日放送) 13.5%

2008年7月にスタートした人気テレビドラマシリーズ「コード・ブルー」のスペシャルドラマ。2017年7~9月に放送された3rd Seasonと、7月27日より全国公開中の映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の懸け橋となる物語が描かれた。

ドクターヘリの墜落事故の影響で「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」となった医師の灰谷俊平(成田凌)は、精神科師・二宮栞(泉里香)の元で治療に励むことに。しかし、ドクターヘリ要請が鳴り止むことはなく、さらに地下鉄崩落事故まで発生してしまう。現場に行くことができず、病院内で死力を尽くすしかなかった灰谷は、PTSDを克服し、新たな1歩を踏み出すことができるのか......。

■第2位 テレビ朝日系「刑事7人」第3話(7月25日放送) 12.4%

2015年から続く刑事ドラマシリーズ「刑事7人」の第4弾。新たな舞台「刑事資料係」に配属された主人公・天樹悠(東山紀之)が、再び集められた仲間たちとともに未解決の"超凶悪事件"を解き明かす。

刑事資料係のもとに、森下康子(手塚理美)と名乗る女性がやってくる。半年前に亡くなった森下の息子は、自殺とみなされていたが、死ぬ1週間前に中古マンションの見積もりを出していたことが発覚。家を買おうと思っていた矢先に自殺するとは考えられないと訴える森下に、新人の野々村拓海(白洲迅)は自分が捜査をすると立候補して――。

■第3位 TBS系「義母と娘のブルース」第3話(7月24日放送) 12.4%

【無料配信】「義母と娘のブルース」最新話を配信中>>

桜沢鈴による同名4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、子持ちサラリーマンの宮本良一(竹野内豊)と結婚し、母親になろうと家事や育児に奔走する姿を描く。

学校から帰ったみゆき(横溝菜帆)に突然「2人は"ギソウケッコン"なの?」と尋ねられた亜希子と良一。2人は苦し紛れに言い訳をするが、「どうして付き合うことになったの?」という質問には答えられず、亜希子は「みゆきちゃんの林間学校明けには答える」と約束をする――。

■「グッド・ドクター」、「ハゲタカ」と続く

【無料配信】「ハゲタカ」最新話を配信中>>

第4位には、フジテレビ系「グッド・ドクター」第3話(11.6%)。第5位には、テレビ朝日系「ハゲタカ」第2話(11.3%)と続いた。

苦戦が続いているフジテレビ系ドラマだったが、今クールは「グッド・ドクター」が初回から2桁をキープするなど好調。このまま高視聴率を叩(たた)き出して、復調を果たすことができるか。

(文/山内光太郎@HEW
出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ