ここから本文です

お笑いタレント・野沢直子が、娘である格闘家の真珠・野沢オークライヤーについて語った。美人格闘家として注目される真珠の"ある言葉"を明かして、「そんな子に育てた覚えはないよ!」と嘆いてみせた。

サムネイル

野沢直子、長女の総合格闘家デビュー語る「そんな子に育てた覚えはないよ!」


「結構かわいい、イケメン」と太鼓判を押す長男と次女の写真も公開>>

真珠は昨年7月にさいたまスーパーアリーナで行われた「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-」にて、格闘家としてプロデビューを果たした。

野沢直子はゲスト出演した7月31日放送のテレビ東京系「チマタの噺」で、娘から試合観戦中の応援を禁止されていると語った。「声が目立つから、集中できないから、『黙ってて』って言われるんですよ。(応援できないとは)こんなつらいことないじゃないですか!」と話した。娘が試合中に意識を失ったときでさえ、声を出せないので大変だったそうだ。

番組MCを務める落語家の笑福亭鶴瓶から「(娘は)キレイな顔してたで」と言われると、野沢は、「私が生んだんですよ!」と強調した。さらに野沢は、「『顔を殴られたら、"killスイッチ"が入る』って言うんですよ。『そんな子に育てた覚えはないよ!』って私は言ってるんですけど」と続けて笑いを誘った。

真珠の他にも、野沢家は個性豊かな子供たちばかりらしい。長男と次女は勉強好きだそうで、「2人がしゃべり始めたら、何しゃべっているか全然わからなくて、私も無口になっちゃいます」と明かした。美人格闘家と注目されている真珠はもちろん、野沢が「結構かわいい」「結構イケメン」と太鼓判を押す長男と次女の写真も公開された。確かになかなかの美形一家かも......!

【無料配信】「チマタの噺」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ