ここから本文です

介護福祉士とレースクイーンの二足のわらじで活動している池内リナが、レースクイーンを始めた理由を明かして、コスプレ姿の写真も披露。彼女は言うなれば、"介護界の峰不二子"か!?

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


リアル峰不二子! 美人介護福祉士がコスプレを披露>>

池内が、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「ぶるぺん」にゲスト出演した。母親がデイサービス(通所介護)の仕事をしていたことをきっかけに介護業界に興味が湧いて、福祉の専門学校に進んだそう。「おじいちゃん、おばあちゃんがすごく好き。一緒にいて楽しいなと思う。お話すると面白いなと思うし」と語った。

介護福祉士とレースクイーンの二刀流タレント>>

あくまで本業は介護福祉士とのこと。なぜレースクイーンになったのかというと、「あの衣装が着たかったから」。「もともとコスプレしたり、コスチュームを着て仕事をしたりっていうことが好きだったので、レースクイーンの衣装がどうしても着たいと思った」と明かした。

79歳のレースクイーンファンのバイタリティーに仰天>>

番組では、池内が峰不二子風のコスプレをしている写真も披露された。番組アシスタントを務めるタレント・小池美由は、「池内さんは介護界の峰不二子」とコメントした。また、レースクイーンのコスチュームを着た池内の写真と、介護福祉士の制服を着た池内の写真も並べて公開された。同じ人間でも印象は大違い。番組MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介は、「顔は一緒だけど別人にしか見えない」と驚きを浮かべて、小池は、「でも両方かわいい」と続けた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ