ここから本文です

吉岡里帆が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(ケンカツ)の第3話が7月31日に放送された。前回から引き続き、無知であるがゆえ「不正受給」を引き起こしてしまって苦悩する家族の姿が描かれた。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


・【無料配信】吉岡里帆が出演!「健康で文化的な最低限度の生活」最新話を配信中>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

本作は、漫画誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の柏木ハルコによる同名漫画が原作。新人公務員・義経えみるが、生活保護受給者たちの人生に向き合って奮闘する姿を描く。

えみるが担当する母子家庭の日下部家に、課税調査で「生活保護費の不正受給」が発覚。高校生の欣也(吉村界人)が、母・聡美(江口のりこ)に無断でアルバイトをしていたことが原因だった。稼いだバイト代はすべて全額徴収となるのだが、音楽の夢を叶(かな)えるためにギター代などをコツコツためていた欣也は猛反発。「バカで貧乏な人間は夢見るなってことかよ!」と激怒してしまう。

第3話では、欣也の家出が発覚。上司の半田(井浦新)から「まずは欣也との信頼関係を築くことが先決」と言われたえみるは、日下部家の問題と真剣に向き合うべく欣也への説得を試みるのだった。

生活保護受給世帯は、就労による収入を役所に必ず申告する必要がある。しかし、聡美は欣也に「バイトするときは私に報告しなさい」としか伝えていなかったため、彼は受給の仕組みを詳しく把握していなかったのだ。同ドラマは、「無知」であることが大問題を招くこともある現実を誠実に伝えている。えみるが日下部家に寄り添い、つけた決着とは――。

なお、映像配信サービス「GYAO!」では、ドラマ本編の各話をつなぐ"チェインストーリー"を独占無料配信する。第3話と第4話をつなぐ第3.5話は、彼女のいない七条と後藤(小園凌央)のエピソード。女手一つで育ててくれた母親への愛を熱弁する七条の姿が見られる。

・【無料配信】吉岡里帆が出演!「健康で文化的な最低限度の生活」最新話を配信中>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ