ここから本文です

石原さとみが主演を務める日本テレビ系ドラマ「高嶺の花」の第5話が、8月8日に放送された。ついに一夜をともにした、もも(石原)と直人(峯田和伸)の"朝チュン"シーンに、視聴者が大興奮している。

サムネイル

Satomi Ishihara attends a press event for the new Prius PHV on February 15, 2017, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


石原さとみとベッドで......全人類の夢のようなお色気映像に大興奮>>

本作は、華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌やキャリア、財力などすべてを持ち合わせた月島もも(石原)と、平凡な自転車店主・風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を描いたラブストーリー。脚本は「101回目のプロポーズ」「家なき子」など、数々の名作ドラマを世に送り出してきた野島伸司が担当している。

第3話で初めてキスをして、第4話でついに一夜をともにした、ももと直人。第5話は、2人が同じベッドで朝を迎えるシーンから始まった。朝起きると、目の前には眠る石原さとみ。さらに、寝ぼけながら「おはよう」と抱きついてくる......という全人類の夢のような映像に、視聴者も大興奮。Twitter上では、「石原さとみの背中めっちゃキレイ」「起きたら石原さとみが隣にいるって最高」「色気半端ない」といった声が上がっている。

しかし、石原に負けず劣らず(?)色気を振りまいているのが、宇都宮龍一役を演じる千葉雄大......! 龍一は、新興流派の華道家で、何やら腹に一物抱えたタイプ。第5話の上半身裸でプールを楽しむシーンでは、ある登場人物を水の中に突き落としたのだが、「千葉雄大にプールに落とされたい」と逆にうらやましがるツイートも少なくない。

なお、第6話では、ももと直人がついに結婚。しかし、結婚式で悲劇が起こる――。ももの"驚くべき計画"とは?

石原さとみとベッドで......全人類の夢のようなお色気映像に大興奮>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ