ここから本文です

空知英秋による大人気コミックを、福田雄一監督で実写映画化した『銀魂』は、2017年に公開されると、興行収入38.4億円を超える大ヒットを記録。すぐさま続編の製作が決定し、『銀魂2 掟は破るためにこそある』が完成した。(8月17日公開)

"真選組動乱篇"と"将軍接待篇"をミックスしたストーリーが展開する本作で、物語の重要な鍵を握る伊東鴨太郎を演じるのが、シリーズ初参戦となる三浦春馬だ。以前から交流のあった福田監督と念願の初顔合わせに「刺激的な良い時間になった」という三浦が、本作への思いを語った。

サムネイル

三浦春馬 出演映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)


【予告編映像】2分でわかる「銀魂2 掟は破るためにこそある」>>

【特別映像】銀魂だよ、全員集合! キャスト紹介>>

【メイキング映像】和気藹々とした撮影現場をちょっと見せます>>

----------------
■念願が叶(かな)った福田組!

サムネイル
『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会


――昨年、大ヒットを記録した第1弾をご覧になったときは、どんな感想を持ちましたか?

なんでもありだなという感じの強さと驚きがありました。映画を観る前は、まずその豪華なキャスト陣に驚いたのですが、観ているうちにそれを忘れてしまうほど、純粋に笑えました。

――第2弾のオファーを受けたときは、どんなお気持ちでしたか?

以前から福田監督には「いつか一緒にできたらいいね」とお声がけいただいていたので、やっと福田組でお芝居できるタイミングがきたんだということが、純粋にうれしかったです。第1弾が、世間を賑(にぎ)わせている感じを肌で感じていたので、そこから一緒に作品作りができる喜びは素直にありましたし、久しぶりに(小栗)旬さんと一緒に仕事ができるのもうれしかったです。小栗旬という人は、僕の憧れの存在なので。

サムネイル
三浦春馬 出演映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)


――福田監督とはかなり前からのお付き合いなのですか?

福田監督は、よく僕の舞台を見に来てくださっていましたし、僕も福田監督の舞台を以前から観に行っていました。またアミューズが毎年制作しているファン感謝イベントで演出していただいたこともあり、面識もありました。

――実際の福田組はいかがでしたか?

現場の雰囲気って主役の方はもちろんですが、監督で大きく変わると思っています。その意味で、福田監督の現場は、まったく重苦しい雰囲気がないんです。みなさんに対してウエルカムな姿勢。旬さんからも現場入る前に「福田監督は僕たちを悪くすることは絶対ない。第1弾を撮って心底信用できる監督だなと思ったので、楽しみにおいでよ」って言われたのですが、その通りのチームだなと感じました。

■伊東鴨太郎というキャラクターへの寄せ方

サムネイル
『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会


――伊東鴨太郎というキャラクターについてはいかがでしたか?

人物設定を聞いて、すごくやりがいのあるキャラクターだなと思いました。僕自身ダークサイドにいるキャラクターを演じるのは、映像では初めてだったので、モチベーションは高かったです。撮影期間は、とても刺激的な良い時間でした。

――『銀魂』の世界観のなか、鴨太郎は一切笑いがないパートですね。

そうですね。僕は面白パートではなかったです。少しはあるのかなという期待もあったのですが......(笑)。

サムネイル
『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会


――初参戦の福田組で笑いなしというのは?

みなさん「福田組に参加したのに、はじけられないのはつらいのでは?」とおっしゃるのですが、旬さんとか、菅田(将暉)くんとか、(橋本)環奈ちゃんたちのように万事屋の一員でふざけられなかったらフラストレーションがたまるかもしれませんが、鴨太郎は冷静沈着なキャラクターであり、作品に大きなスパイスとなる立ち位置だったので、まったくストレスは感じませんでした。

――福田監督と鴨太郎役についてどんな話をしたのでしょうか?

原作やアニメも、鴨太郎の生い立ちが明らかになるまでは、バックヤードはまったく表現されていませんよね。なので、鴨太郎が人を殺めようとする瞬間などで、実写ならではの彼の過去の生い立ちを象徴するような表情などが出せたらという話はしました。でも、福田監督が、原作を忠実に表現したいという考えもあったので、そこのさじ加減を、現場で調整しながらやっていきました。

――ビジュアルでこだわった部分は?

鴨太郎のメガネに関しては、結構こだわりました。レンズ越しにのぞく瞳がどうやって象徴的に映るかなどは、カメラマンさんとも話し合ったり。そのなかでフレームの質感は何回もやり取りさせていただき、彼の冷酷さや寂しさを表現するは、鉄が最適かなということで、鉄のフレームにしたんです。

■憧れの存在、小栗旬の求心力に脱帽

――小栗さんとご一緒するのがうれしいと話されていましたが、あまり今回は絡みがなかったですね。

同じシーンでのお芝居はなかったんです。それは残念でしたが、一緒の現場にいられる幸せはありました。撮影終わりに食事に行ったりしました。

サムネイル
『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会


――やはり小栗さんの求心力はすごいですか?

それは感じますね。大きいです。「春馬が(『銀魂』出演が)決まってうれしい」って直接会ったときに言っていただきました。照れくさいですけれど、純粋にうれしいです。

――「オトナ高校」では弾けた役柄も演じていましたが、コメディはお好きですか?

好きですし、挑戦していきたいジャンルです。基本的に自分の根底には、作品を見ていただいて、元気になってもらったり、笑ってもらったりしてほしいという思いがあるんです。コメディってすごくすてきなジャンルだと思いますし、これからもやっていきたいです。

サムネイル
三浦春馬 出演映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)


――座右の銘を教えてください。

いろいろあるのですが、最近すごく残っているのが、マネジャーと話したときに聞いた言葉です。マネジャーが、市川海老蔵さんの特番を見ていて「とらわれるな」という言葉に感銘を受けたというんです。闘病中の(小林)麻央さんが海老蔵さんから言われた言葉みたいなのですが、すごく酷に聞こえるかもしれませんが、闘病中にこの言葉をもらって真央さんは「とらわれ過ぎて視野が狭くなると良いことはない」といろいろなことに目を向けられたそうなんです。すごく勇気をもらえるし、力を秘めた言葉だなと思って、心に残っています。

サムネイル
『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)
(C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会


・・・・・・・・・・・
SF、時代劇、ギャグ、人情、アクション、映画ならではのオリジナルパロディ――。あらゆる要素を詰め込んでエンタメ界に新たな金字塔を打ち立てた『銀魂』が平成最後の夏、掟破りのスケールで帰ってくる。
出演は、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、三浦春馬、窪田正孝、吉沢亮、勝地涼、夏菜、戸塚純貴、長澤まさみ、岡田将生、ムロツヨシ、キムラ緑子、佐藤二朗、堤真一、中村勘九郎、堂本剛と豪華キャストがそろう。
『銀魂2 掟は破るためにこそある』は8月17日より公開。

(取材・文:磯部正和 撮影:ナカムラヨシノーブ)

サムネイル
三浦春馬 出演映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(8月17日公開)


三浦春馬(みうら・はるま)
1990年4月5日生まれ、茨城県出身。1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」で俳優デビューを果たすと、2006年放送の連続ドラマ「14才の母」や映画『恋空』(07年)、「ごくせん 第3シリーズ」(08年)などで注目を集める。2008年放送の「ブラッディ・マンデイ」で連続ドラマ初主演を果たすと、その後も数々の作品で主演を務める、注目の若手人気俳優だ。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ