ここから本文です

8月6日~8月12日期間中のドラマを、「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。8月7日に放送されたTBS系「義母と娘のブルース」第5話が13.1%を記録し、2週連続で第1位を獲得した。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 TBS系「義母と娘のブルース」第5話(8月7日放送) 13.1%

【無料配信】「義母と娘のブルース」最新話を配信中>>

桜沢鈴による同名4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、子持ちサラリーマンの宮本良一(竹野内豊)と結婚し、母親になろうと家事や育児に奔走する姿を描く。

スキルス胃がんを患っている良一は、娘・みゆきと自転車の練習をしている最中に倒れて入院することになってしまう。亜希子は妻として夫の世話に奮闘するが、うまく役割をこなせず猛省する。良一はそんな亜希子に対し、入院したことで迷惑をかけている勤め先におわびに行ってほしいと頼んで――。

■第2位 フジテレビ系「グッド・ドクター」第5話(8月9日放送) 12.2%

自閉症スペクトラムの一種で、驚異的な記憶力を持つ「サヴァン症候群」の青年・新堂湊(山崎賢人)が主人公。研修医として東郷記念病院の小児外科に勤務することになった湊が、周囲の反発を受けながらも子どもたちに寄り添い、成長していく姿を描く。

10歳の天才ボーイソプラノ歌手・羽山響が喉の不調を訴え東郷記念病院に入院する。響の喉はひどい炎症を起こしており、高山誠司(藤木直人)らは父親に手術を提案するが、高音が出なくなる可能性があることを知った父親は拒否して――。

■第3位 テレビ朝日系「刑事7人」第5話(8月8日放送) 12.0%

2015年から続く刑事ドラマシリーズ「刑事7人」の第4弾。新たな舞台「刑事資料係」に配属された主人公・天樹悠(東山紀之)が、再び集められた仲間たちとともに未解決の"超凶悪事件"を解き明かす。

60年前に殺された女性ダンサー・亀井咲子の孫が刑事資料係を訪れ、「どうして祖母が殺されたのか真相が知りたい」と天樹らに再捜査を依頼する。しかし翌日、その孫が何者かに刺殺された状態で発見された。孫は60年前の事件の関係者を調査会社に調べさせていたが、調査会社からの報告書が家から消えていた――。

■「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」、「ハゲタカ」と続く

【無料配信】「ハゲタカ」最新話を配信中>>

第4位には、フジテレビ系「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第5話(10.4%)。第5位には、テレビ朝日系「ハゲタカ」第4話(9.6%)と続いた。

「義母と娘のブルース」がトップを維持する中、「グッド・ドクター」も最高視聴率を更新するなど猛追を見せている。果たして、「義母と娘のブルース」はこのまま高視聴率を叩(たた)き出してトップを守ることができるか。

(文/山内光太郎@HEW

出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ