ここから本文です

石原さとみが主演を務める日本テレビ系ドラマ「高嶺の花」の第6話が、8月15日に放送された。石原のウェディングドレス姿が披露されたが、ウエストにあしらわれた「黒いリボン」にさまざまな憶測が視聴者から寄せられている。

サムネイル

Satomi Ishihara attends a press event for the new Prius PHV on February 15, 2017, Tokyo, Japan.(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「すげぇ可愛い」「綺麗...」石原さとみ、ウェディングドレス姿を披露「高嶺の花」最新話を配信中>>

本作は、華道の名門「月島流」本家に生まれ、美貌やキャリア、財力などすべてを持ち合わせた月島もも(石原)と、平凡な自転車店主・風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を描いたラブストーリー。脚本は「101回目のプロポーズ」「家なき子」など、数々の名作ドラマを世に送り出してきた野島伸司が担当している。

第6話で、ついに2人は結婚式の日を迎えた。月島家の運転手・高井(升毅)にエスコートされ、結婚式場に入場するもも。純白のドレスに身を包んだ彼女の美しさを、結婚式に出席していた直人の友達はそろって大絶賛した。

しかし、ももがスピード結婚に踏み切ったのには理由があった! 今回は彼女による「驚くべき計画」の内容が明かされたが、だからこそ、ももは、結婚式の最中も悲しげな表情を浮かべていたのだろう。

そこで視聴者たちは、もものウェディングドレスにも何か意味が込められているのではないかと盛り上がっている。一般的に花嫁は白い衣装を身につけるものだが、ももはウエストに「黒いリボン」をあしらっていた。このリボンはももの内面を表したものではないかと考察されており、ネット上では「罪悪感を表したのかな」「黒いリボンの微妙な怖さ」「腹黒いってことなのかな」といった声が上がっている。

物語は第7話から第2章に突入し、香里奈、大貫勇輔といった新たなキャストが登場する。ももと直人、それぞれに待ち受ける困難とは――。

【無料配信】「すげぇ可愛い」「綺麗...」石原さとみ、ウェディングドレス姿を披露「高嶺の花」最新話を配信中>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ