ここから本文です

作家の乙武洋匡氏が、大ベストセラーとなった著書『五体不満足』の印税に言及。また、SNSなどでの発言がたびたび炎上することへの本音を語った。

サムネイル

Japanese sports writer who was born without arms and legs due to a genetic disorder called tetra-amelia syndrom. (写真:Fujifotos/アフロ)


【無料配信】乙武洋匡氏、著書『五体不満足』の印税金額は......「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」最新話を配信中>>

乙武氏が、8月16日放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」にゲスト出演した。『五体不満足』は累計約600万部を売り上げたが、その印税の金額とは......? 番組MCを務めるお笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤から「(印税は)だいたい10%ですよね。6億円ですよね」と指摘されると、乙武氏は「うん、うん」と頷(うなず)いて否定はせず。「当時大学生で22歳だから、金銭感覚としてリアルに受け取れないんですよ」と振り返り、翌年の長者番付にランクインしたことで、やっと「そういうことだったんだ......」と実感が湧いたと語った。

また、政界を目指すようになった経緯や、2016年に報じられた不倫スキャンダルの裏側についても明かした。不倫騒動を始め、近年はSNS上の発言などで炎上することが少なくない乙武氏。「僕自身あまり『人に好かれたい』とか『嫌われたくない』とかそんなに気にしていない」と語った。

乙武氏が唯一ロールモデルにしているのは、元プロ野球選手の野茂英雄氏だそう。「野茂さんって日本人ほとんどがメジャーリーグに行ったことがない中で、『俺は行く』とあれだけバッシングを受けて、悪者になりながら道を切り開いてくださったおかげで、イチローさんや松井秀喜さんなどみんなが行けるようになった。どんなに叩かれても海を渡った。先駆者としての役割が本当に素晴らしいと思う」と熱弁した。

乙武氏は、「いろんなことをやっておいて、後世の人が『昔、乙武っていう人がそれやったから、あんたも頑張ればできるかもね』と言ってもらえるように、いろんな山に旗を立てておきたい」と自身の原動力を明かしている。

【無料配信】乙武洋匡氏、著書『五体不満足』の印税金額は......「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ