ここから本文です

8月27日~9月2日期間中のドラマを、「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。8月29日に放送されたテレビ朝日系「刑事7人」第8話が11.4%を記録し、第1位を獲得した。4週連続でトップを維持していたTBS系「義母と娘のブルース」は、「アジア大会2018 ジャカルタ」の放送により休止された。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 テレビ朝日系「刑事7人」第8話(8月29日放送) 11.4%

2015年から続く刑事ドラマシリーズ「刑事7人」の第4弾。新たな舞台「刑事資料係」に配属された主人公・天樹悠(東山紀之)が、再び集められた仲間たちとともに未解決の"超凶悪事件"を解き明かす。

青山新(塚本高史)、水田環(倉科カナ)らは、橋の下で男性が死亡しているのを発見。男性の所持品から、ミサンガと「きぼうの里 1993」と書かれたメモが見つかり、青山はメモの文言に既視感を覚える。メモを見た天樹は、1993年に同じ名前の児童養護施設で起きた指導員の転落死に関係しているのではないかと推測し――。

■第2位 フジテレビ系「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第8話(8月27日放送) 10.0%

上戸彩がシーズン1&2で主演した人気刑事ドラマ「絶対零度」の第3弾で、今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村一樹)が主人公。犯罪を犯しそうな人物を特定する"ミハンシステム"を駆使し、未然に犯罪を防ぐために奮闘するチームの姿が描かれる。

東堂定春(伊藤淳史)は、ミハンシステムが導き出した新たな危険人物・砂田繭美(白石麻衣)の捜査をチームに指示。繭美は1週間後に結婚式を控えていたが、違法に拳銃を入手していた――。

■第3位 TBS系「この世界の片隅に」第7話(9月2日放送) 9.8%

【無料配信】「この世界の片隅に」最新話を配信中>>

2007年から09年まで『漫画アクション』(双葉社)で連載されていた、こうの史代の同名漫画を原作とした実写ドラマ。太平洋戦争の最中、広島の江波から呉に嫁いだヒロイン・すず(松本穂香)が、嫁ぎ先の北條家で懸命に生きる姿を描いていく。

防空壕(ぼうくうごう)を出たところで、不発弾の爆発に遭ったすずと晴美(稲垣来泉)。目を覚ましたすずを待っていたのは、娘である晴美を亡くした径子(尾野真千子)の悲しみに暮れた姿だった。さらに、すずは不発弾の爆発で右手を失ったことを知り――。

■「サバイバル・ウェディング」、「遺留捜査」と続く

【無料配信】「遺留捜査」最新話を配信中>>

第4位には、日本テレビ系「サバイバル・ウェディング」第7話(9.7%)。続いて、テレビ朝日系「遺留捜査」第7話、フジテレビ系「グッド・ドクター」第8話が同率(9.4%)で第5位となった。

1、2位を刑事ドラマが占めたほか、「この世界の片隅に」が初のトップ3入りを果たした。放送休止となった「義母と娘のブルース」は、次週でトップに返り咲くのか。

【無料配信】「義母と娘のブルース」最新話を配信中>>

(文/山内光太郎@HEW
出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ