ここから本文です

吉岡里帆が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の第8話が9月4日に放送された。"アルコール依存症"の恐ろしさが詳細に描かれ、ネット上でもさまざまな意見が交わされている。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


・【無料配信】吉岡里帆が出演!「健康で文化的な最低限度の生活」最新話を配信中>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

本作は、漫画誌『週刊ビッグコミックスピリッツ』(小学館)で連載中の柏木ハルコによる同名漫画が原作。新人公務員・義経えみるが、生活保護受給者たちの人生に向き合って奮闘する姿を描く。

第8話では、受給者の赤嶺岳人(音尾琢真)が病院に搬送されたという連絡が生活課に入る。赤嶺は過剰飲酒が原因で膵炎(すいえん)を起こしており、医師からアルコール依存症の可能性があると告げられる。えみるは赤嶺に治療に向き合うよう説得するが、赤嶺は数日後に再び酒を飲んで大暴れしてしまう。

劇中で、断酒を目指す人たちが集まる"断酒会"の参加者は、アルコール依存症について「完治はない」「自分の意思では決してお酒をやめることができない」と説明していた。さらにアルコール依存症は本人に病気の自覚が全くない"否認の病"ともいわれており、赤嶺も「俺そんな病気じゃないんで」と否定するセリフがあった。

ネット上では、「アルコール依存症って自覚がなきゃ治療しても意味無いんだな」「アルコール依存症はとても難しい問題」「自分の意志では止められないっていうのが怖い」といった声が上がっており、ドラマによってアルコール依存症の恐ろしさを知った視聴者もいたようだ。半田(井浦新)からアルコール依存症患者と向き合うのは大変なことだと教えられたえみるは、赤嶺を更生させることができるのか――。

映像配信サービス「GYAO!」では、ドラマ本編の各話をつなぐ"チェインストーリー"を独占無料配信。第8話と第9話をつなぐ第8.5話は、阿久沢正男(遠藤憲一)の娘・麻里(阿部純子)のエピソード。父親に内緒でキャバクラで働いている麻里は、客から父親のことを聞かれると――。

・【無料配信】吉岡里帆が出演!「健康で文化的な最低限度の生活」最新話を配信中>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ