ここから本文です

アイドルグループ・アンジュルムが、自身の人気曲「大器晩成」と荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」をミックスした楽曲の振り付けを、伝説の振付師と呼ばれるカーニバル三浦氏から学んだ。

サムネイル

モーニング娘。'18、アンジュルム、Juice=Juiceらが登場!「ハロプロのモノホン!」(毎週火曜更新)


【無料配信】「ハロプロのモノホン!」を配信中(毎週火曜更新)>>

「ハロプロのモノホン!」(毎週火曜更新)は、ハロー!プロジェクトの人気アイドルグループであるモーニング娘。'18、アンジュルム、Juice=Juiceらが、さまざまなジャンルの一流パフォーマーやクリエイターから"モノホン"な技術を学び、コラボレーションする番組。第3回が映像配信サービス「GYAO!」にて配信された。

アイドル界でもダンスに定評のあるアンジュルム。しかし、何度も踊ってきた代表曲「大器晩成」でも、カーニバル三浦氏の眼にはまだまだ改善の余地が見えたようだ。「体のラインと気持ちのラインが出たらうれしい。綺麗なのは体型によって違う。それを自分で確かめながら本番で出来たら最高」と語り、三浦氏はメンバーの細かい姿勢にまで目を光らせた。

入念な指導の末に出来上がった「大器晩成」は、元と振り付け自体は変わっていないにもかかわらず、三浦氏が「雑じゃなくなってきている。振りは同じだけど、全然違う意識でやってる」と太鼓判を押すほどの完成度になっていた。

サムネイル
モーニング娘。'18、アンジュルム、Juice=Juiceらが登場!「ハロプロのモノホン!」(毎週火曜更新)


ひととおり「大器晩成」を踊り終えると、今度は「ダンシング・ヒーロー」のイントロが流れだした。2つの曲がミックスされた流れの楽しさに、メンバーたちは笑みを浮かべて今度は「ダンシング・ヒーロー」の振り付けを学んでいた。

また、モーニング娘。'18は前回に引き続き、プロ和太鼓集団「和太鼓グループ彩」のもとで自身の人気曲「One・Two・Three」の和太鼓パフォーマンスに挑戦。和太鼓グループ彩の実演を目の当たりにした生田衣梨奈は、「私たちがやるの? これ?」と自信なさげなリアクションを見せていたが......!?

【無料配信】「ハロプロのモノホン!」を配信中(毎週火曜更新)>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ