ここから本文です

 超絶美少女と2次元オタク男子の爽やかな恋愛を描いた那波マオの人気コミックを実写映画化した『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)。本作で誰もがうらやむ美貌を持つ色葉を演じる中条あやみと、オタク男子"つっつん"こと筒井光にふんする佐野勇斗が、美女とオタクの恋について赤裸々に語った。

サムネイル

中条あやみ&佐野勇斗、『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)






■中条あやみの素は、役柄とギャップが......自他共に認める"おじさん"!?

サムネイル
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社


――それぞれ個性的な役柄でしたが、原作や台本を読んでどんな印象を持ちましたか?

中条: 色葉の役をいただいたあと、マンガを読んだのですが、こんなかわいらしい女の子の役を、おじさんみたいな私ができるのかなと不安でした。

佐野: 僕はマンガが好きなのですが、あまり少女マンガって読んだことがなかったので、最初お話しいただいたときは大丈夫かなと思ったんです。でもこの原作は、美女とオタクの設定もすごく面白く、一気に読めました。クランクイン前は不安なことが多いのですが、この作品は、「早く撮影したいな」と楽しみの方が強かったです。

サムネイル
中条あやみ、『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)


――中条さんが「おじさんみたいなので」と発言していたとき、佐野さんは大きく頷(うなず)いていましたが。

佐野: おじさんですね(笑)。もちろんキラキラしているのは間違いないのですが、おじさん的な部分もあるんです。おじさんと言うよりは、大阪のおばちゃんみたいな......。「あめちゃんあげるよ」みたいな、良い意味で大らかというか大ざっぱというか、気を遣わずぶっこんでくる感じなんです。作品に入る前と180度印象が変わりましたね。

――佐野さんに対してはどんな印象を持ちましたか?

中条: 本人も言っていたとおり、女の子と話すのが苦手っていうのは、なんとなく見ていて感じました。つっつんに似ている部分は結構あるのかなと思いました。あと誰にでも分け隔てなく優しく接するところなどはつっつんのようでした。

サムネイル
佐野勇斗、『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)


――役柄へのアプローチは?

中条: 色葉がつっつんに対して、嫉妬してしまったり好きだと思っているけれど、素直に言えなかったりする不器用さには共感しました。演じているというよりは、相手が投げかけてくれることに素直に反応しようという気持ちでやっていました。でも、私自身にはキュンキュン、キラキラみたいな感じはないので、「Seventeen」のモデル時代を思い出しながらデートシーンは演じていました。

――佐野さんのオタクぶりはかなりリアルな感じでした。

佐野: すごく研究したわけではないのですが、昔からふざけるとオタクっぽいしぐさになるんです(笑)。あとは「電車男」とか『トイストーリー』のウッディとかは参考にしました。でも基本的には、自分の引き出しから出してきた感じです。

サムネイル
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社


――撮影はいかがでしたか?

中条: 甘い感じの恋愛ものというよりは、青春ストーリーに重きを置いた物語で、かわいらしい女の子を演じられてとても楽しかったです。一緒に過ごしたメンバーとの友情もすごくすてきに描かれていて、このメンバーで『3D彼女 リアルガール』が撮影できてよかったです。

佐野: 本当にみんな仲が良くて、こんなすてきな仲間に出会えることができて、すごく良い経験でした。

■中条&佐野の好きなタイプは「相手を思いやれる人!」

サムネイル
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社


――メガホンをとった英勉監督の現場は?

佐野: こんなに自由にやらせてくれる監督はいないと思うぐらい、自由でした。めちゃくちゃやっても「いいねー」って言って採用されることが多かったです。それでいてちょっと違うなという部分は「それ面白くないよね」とハッキリ言ってくださるんです。すごく信頼してボールを投げ込んでいました。

中条: 英監督は、自分の感性にないものをぶっこんでくるので、若い俳優さんと仕事をするのは好きとおっしゃっていました。その言葉通り、結構みんな自由にアドリブをいれたりして。そのたびに本番中でも、監督自身が爆笑するんです。「笑い声入っちゃうんじゃない?」と思うぐらい(笑)。

サムネイル
(C)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (C)那波マオ/講談社


――まったく違う立ち位置の二人が恋愛に発展しますが、お互い異性に対してはどんな部分に惹(ひ)かれるのでしょうか?

佐野:まずは顔かな。美人とか可愛いということよりも、好みかどうか。

中条: 正直すぎるね(笑)。

佐野: 誰にでも好きなタイプの顔ってありますよね。でも、かわいいと思ってもすぐには好きになりません。そこで友達になったとき、大切なのは、人柄。礼儀正しかったり、人を思いやれる感じが垣間見えたりすると、好きになっちゃいますよね。

中条: もちろん顔というのも要素であることは否定しませんが、顔だけで好きになることはないですね。話していて楽しいとか、明るくなれる人というのが大事ですよね。あと、私は匂いフェチなので、めっちゃいい匂いだと惹(ひ)かれます。性格的には、佐野さんも言っていましたが、相手を思いやれる人がいいです。自分だけに優しい人は嫌です。

――佐野さんは人に優しいタイプじゃないですか?

中条: 確かに! ナイスですよね。私は日本のジム・キャリーと呼んでいるんです。

佐野: 光栄なのですが、褒め言葉なんですかね。

中条: もちろん褒め言葉です!

■撮影現場では......佐野が背中で引っ張るタイプ!?

――撮影はとても楽しかったとのことですが、リーダー的な役割は佐野さんですか?

中条: 佐野さんはリーダーシップというよりは、頑張っている姿を背中で見せるタイプですね。一番しっかりしていたのは、最年少の清水尋也くんかな。

佐野: 中条さんはムードメーカーです。ずっと笑っているし、話をまわす感じ。ツッコミとかも結構鋭い(笑)。恒松(祐里)はずっとしゃべっていますね。

――お二人にとって青春の思い出は?

中条: バドミントン部で、部活は結構頑張ってやっていました。あとは行事をすごく頑張る高校だったので、文化祭とか体育祭とかはみんなで盛り上がってやっていました。

佐野: 高校時代、1カ月ぐらいニュージーランドにホームステイしたのは思い出です。あとは中条さんと一緒で、文化祭や体育祭などに力を入れていた高校なので、盛り上がったことは覚えています。

サムネイル
中条あやみ&佐野勇斗、『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)


――最後に見どころを。

中条: 作品を見てくださった男性の方からも、「昔を思い出した」という感想をいただきました。少女マンガですが、爽やかな物語なので、幅広い層の人に楽しんでもらえると思います。

佐野: いい意味でキラキラしすぎていない作品なので、いろいろな人に刺さると思います。笑って泣ける青春ストーリーです。

・・・・・・・・・・
今まで"圏外"だった人が、まさかの理想相手!? リア充美女と恋愛経験ゼロの二次元オタク、住む世界がまったく違うふたりの一途でピュアな恋の行方は――。
佐野演じる、つっつんがこよなく愛するキャラクター、魔法少女えぞみちの声を務めるのは神田沙也加。完成作を観て心動かされたという西野カナが主題歌「Bedtime Story」を書き下ろし。

(取材・文・撮影:磯部正和)

サムネイル
中条あやみ&佐野勇斗、『3D彼女 リアルガール』(9月14日公開)


---------------
中条あやみ(なかじょうあやみ)
1997年2月4日生まれ、大阪府出身。2011年に雑誌「Seventeen」の専属モデルとしてデビューし活躍する一方、2012年にはドラマ「黒の女教師」で女優デビューを果たすと、2014年公開の映画『劇場版 零 ~ゼロ~』で映画初主演を務める。その後も、『ライチ☆光クラブ』(16年)、『セトウツミ』(16年)、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(17年)、『覆面系ノイズ』など話題作に数多く出演している。現在「CanCam」専属モデル。座右の銘は「笑う門に福来る」。

佐野勇斗(さの・はやと)
1998年3月23日生まれ、愛知県出身。2015年公開の『くちびるに歌を』で俳優デビューを飾ると、2018年度には『ちはやふる-結び-』、『羊と鋼の森』、『青夏 きみに恋した30日』をはじめ、6本の映画公開が控えている、若手売り出し中の俳優だ。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ