ここから本文です

9月3日~9月9日期間中のドラマを、「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。9月4日に放送されたTBS系「義母と娘のブルース」第8話が15.5%を記録し、第1位を獲得した。前週は「アジア大会2018 ジャカルタ」の放送により放送休止だった。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 TBS系「義母と娘のブルース」第8話(9月4日放送) 15.5%

【無料配信】最高視聴率も更新!「義母と娘のブルース」最新話を配信中>>

桜沢鈴による同名4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、子持ちサラリーマンの宮本良一(竹野内豊)と結婚し、母親になろうと家事や育児に奔走する姿を描く。

亜希子は娘のみゆき(上白石萌歌)に仕事をすることの大切さを伝えるため、寂れたパン店「ベーカリー麦田」に再就職。亜希子が考えたプランによって、一時は客足が伸びたように見えていたが、しばらくして再び客足が遠のいてしまう。そこで亜希子は、「ベーカリー麦田」を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案するが――。

■第2位 テレビ朝日系「刑事7人」第9話(9月5日放送) 13.5%

2015年から続く刑事ドラマシリーズ「刑事7人」の第4弾。新たな舞台「刑事資料係」に配属された主人公・天樹悠(東山紀之)が、再び集められた仲間たちとともに未解決の"超凶悪事件"を解き明かす。

刑事資料係で天樹は、50年前に起きた凶悪事件の資料を読んでいた。それは、1人の男が盗んだ銃で4人を射殺し逮捕されるという事件で、謎を多く残したまま犯人は死刑となった。そんなとき、北新宿署地域課の巡査・三好達也が、奪われた銃で撃たれる事件が発生して――。

■第3位 フジテレビ系「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」第9話(9月3日放送) 11.3%

上戸彩がシーズン1&2で主演した人気刑事ドラマ「絶対零度」の第3弾で、今回は元公安のエリート刑事・井沢範人(沢村一樹)が主人公。犯罪を犯しそうな人物を特定する"ミハンシステム"を駆使し、未然に犯罪を防ぐために奮闘するチームの姿が描かれる。

ミハンシステムが新たにリストアップした危険人物は、なんと井沢も面識のある警護課の捜査員・石塚辰也(高橋努)。チームはさっそく捜査を進めるが、石塚の直近1週間の行動を監視したモニターにベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸彩)らしき女性が映り込んでいるのを発見。井沢は、今回の危険人物が桜木と何かしらつながっているのではないかと考え――。

■「ハゲタカ」、「この世界の片隅に」と続く

【無料配信】「ハゲタカ」最新話を配信中>>

【無料配信】「この世界の片隅に」最新話を配信中>>

第4位には、テレビ朝日系「ハゲタカ」第8話(11.1%)。第5位には、TBS系「この世界の片隅に」第8話(10.9%)と続いた。

2週間ぶりの放送となった「義母と娘のブルース」だが、自己最高視聴率を更新して注目度の高さを見せつけた。7月クールのドラマも終盤を迎えているが、「義母と娘のブルース」がこのままトップを維持して有終の美を飾るか。

(文/山内光太郎@HEW
出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ