ここから本文です

9月10日~9月16日期間中のドラマを、「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。9月11日に放送されたTBS系「義母と娘のブルース」第9話が17.3%を記録し、第1位を獲得した。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 TBS系「義母と娘のブルース」第9話(9月11日放送) 17.3%

【無料配信】「義母と娘のブルース」最新話を配信中>>

桜沢鈴による同名4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、子持ちサラリーマンの宮本良一(竹野内豊)と結婚し、母親になろうと家事や育児に奔走する姿を描く。亜希子は高校3年生に成長したみゆき(上白石萌歌)のために働く姿を見せようと、「ベーカリー麦田」に就職した。

新装オープンした「ベーカリー麦田」は順調に客足を伸ばしていき、ついにテレビ取材まで入ることに。取材を受けた亜希子は、テレビクルーの前で店長・麦田章(佐藤健)への思いを語る。かねてより亜希子に好意を抱いていた麦田は、その言葉を聞いてアプローチに乗り出すが――。

■第2位 テレビ朝日系「遺留捜査」第9話(9月13日放送/最終回) 13.1%

【無料配信】「遺留捜査」最新話を配信中>>

2011年4月期にスタートした刑事ドラマシリーズ「遺留捜査」の第5弾。京都府警「特別捜査対策室」に所属する刑事・糸村聡(上川隆也)が、事件現場に残された遺留品を手掛かりに難事件を解き明かしていく。

京都市内の高級ホテルで爆発が起き、ベンチャー企業の社長が殺害される事件が発生する。被害者は、現場のホテルで開催されたバイオサイエンス研究の第一人者・酒井裕子准教授(観月ありさ)の受賞パーティーに参加していた。さらに酒井の研究と独占契約を結んでいたため、特別捜査対策室のメンバーは、巨額の利権が絡んだ殺人として捜査を開始。そんな中、糸村は現場で謎の遺留品を拾う――。

■第3位 テレビ朝日系「刑事7人」第10話(9月12日放送/最終回) 12.9%

2015年から続く刑事ドラマシリーズ「刑事7人」の第4弾。新たな舞台「刑事資料係」に配属された主人公・天樹悠(東山紀之)が、再び集められた仲間たちとともに未解決の"超凶悪事件"を解き明かす。

片桐正敏(吉田鋼太郎)は、20世紀最後の日に発生した夫婦殺害事件の資料に目を通していた。同事件は、唯一の目撃者である中沢皐月(鷲尾真知子)の虚偽の証言によって、未解決のままになっていた。そんな中、資産家殺人事件の捜査にあたっていた海老沢芳樹(田辺誠一)らが、1日足らずで犯人が逮捕されたと報告。しかし数日後、皐月が交番に訪れ、資産家殺人事件について虚偽の証言をし始めた――。

■「グッド・ドクター」、「高嶺の花」と続く

【無料配信】「高嶺の花」最新話を配信中>>

第4位には、フジテレビ系「グッド・ドクター」第10話(12.4%)。第5位には、日本テレビ系「高嶺の花」第10話(11.4%)と続いた。

7月クールのドラマもすでに複数の作品が最終回を迎えた。トップを独走する「義母と娘のブルース」は次回が最終回だが、自己最高視聴率を更新して有終の美を飾ることができるか。

(文/山内光太郎@HEW
出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ