ここから本文です

お笑いコンビ・宮下草薙のボケ担当・草薙航基が、"超ネガティブ思考"で注目を集めている。「いじめを恐れるあまり学校に行かなくなった」といった驚愕(きょうがく)のエピソードが明かされた。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


いじめを恐れて自主退学...芸人の仰天行動>>

2016年結成の宮下草薙が、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「ぶるぺん」にゲスト出演。草薙がネガティブ発言を繰り返す漫才を披露したが、草薙は本当にネガティブな性格をしているらしい。「入学してすぐ体形を軽くイジられたことから、『このままではいじめられる』と不安になって学校に行かなくなった」という過去が明かされた。

さらに草薙は、「今、歯がめちゃくちゃ痛いんですけど、歯医者に行けないんです。仮に虫歯じゃなかった場合、『なんだこいつ』と思われるのが怖いから」「美容院に行けない。オシャレにしたいんですけど、顔が変なやつが美容院から出てくるのを見たことがない」といった後ろ向き発言も繰り出した。

番組アシスタントを務めるタレント・小池美由から「一緒にいるの大変じゃない?」とたずねられた相方の宮下兼史鷹は、「大変ですね、本当に。殺意が芽生えるときもあります」と告白した。しかし、草薙側も相方に言いたいことがあるそうで......。

いろいろ不満を述べて、草薙は、「9:1」で相方の方が強い力関係だともらした。「僕キツいですよ」とこぼしつつも、「テレビとか出られるようになったので意外と言うことは当たってる」と語った。番組MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介は、「不思議なコンビだな」とコメントしている。

いじめを恐れて自主退学...芸人の仰天行動>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ