ここから本文です

滝藤賢一と広瀬アリスがW主演する読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「探偵が早すぎる」が、9月20日についに最終回を迎えた。放送終了後には、ネット上で「探偵が早すぎる」"ロス"を叫ぶ声が広がったほか、広瀬アリスの顔芸を惜しむ声も見られた。

サムネイル

(C)井上真偽/講談社 (C)読売テレビ


・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

「探偵が早すぎる」は、第51回メフィスト賞を受賞した井上真偽の小説が原作。事件を"未然"に解決する探偵・千曲川光(滝藤賢一)が、父親の遺産5兆円を引き継いだことで、大陀羅一族から命を狙われるハメになった女子大生・十川一華(広瀬アリス)を守るために奮闘する姿を描く。

最終回では、大陀羅一族の2大巨頭である朱鳥(片平なぎさ)と亜謄蛇(神保悟志)が自ら動き出し、一華の命を仕留めにかかってくる。そんな中、一華は千曲川と橋田(水野美紀)の知られざる過去の真相を聞き、驚きのあまり声が出せずにいたのだった。

同ドラマは、ミステリーでありながらコメディ色が強く、出演者の自由な演技と掛け合いの面白さが話題になっていた。とくに広瀬は劇中で変顔やリアクション芸を連発しており、普段の美貌とのギャップが称賛されていた。中には「このドラマで広瀬アリスちゃんファンになった」という声もあがっており、コメディエンヌ・広瀬アリスに魅了された視聴者も多かったようだ。

最終回の放送終了後には、「広瀬アリスの演技にツボって、毎週楽しみにしてたのに」「広瀬アリスの演技を見るのが楽しかった」など、"広瀬ロス"を嘆く声も多かった。そのほか、「探偵が早すぎる」の続編や映画化を望む声も相次いでいる。

・【無料配信】各話テレビ放送終了直後から無料配信>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ