ここから本文です

31戦31勝、無敗の天才キックボクサー・那須川天心と、 UFCでも活躍した最強の総合格闘家・堀口恭司が、9月30日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.13』にて、キックボクシングルールで対戦する。

"立ち技対総合"という図式に那須川は、2004年の大晦日(おおみそか)に行われた山本"KID"徳郁VS魔裟斗を意識しているようだ。

サムネイル

31戦31勝、無敗の天才キックボクサー・那須川天心『RIZIN.13』9月30日(日)開催


【生配信】2018年9月30日(日)14時00分~配信開始>>

【無料配信】過去大会の試合映像を一挙配信>>

■堀口恭司戦に向けて、「やるならやってやるよ」

――堀口選手との対戦が決まったときの心境は?

天心:「いつかは対戦すると思っていたので、『このタイミングかー、やるならやってやるよ』っていうくらいの感じでした。ただ、周りの反応はいつもと全然違います。少しピリピリしているというか、始まる前から盛り上がっているのが伝わってきます。立ち技対総合の試合というと、やっぱり魔裟斗さんとKIDさんの試合をほとんどの人が思い浮かべると思います。14年も前の試合なのに、誰もが知っている名試合です。僕たちがこれからやる試合も、この先ずっと語り継がれるような試合にしたいです」

サムネイル
31戦31勝、無敗の天才キックボクサー・那須川天心『RIZIN.13』9月30日(日)開催


――堀口選手が5月の『RIZIN.10』でイアン・マッコール選手を秒殺KOした瞬間、客席で見ていた那須川選手の笑顔がカメラで映っていました。あのときの心境は?

天心:「ライバル心とか、そういう特別な感情はないですよ。見ていた他のお客さんと同じで、『うおー! 速えー!』ぐらいの気持ちです(笑)」

■堀口選手と総合での再戦は?

――堀口選手は総合のファイターですが、特に立ち技が強い印象があります。堀口選手の1番強い部分と当たるのが、キックボクシングルールなのでは?

天心:「それは本当にそう思います。立ち技に徹した堀口選手は相当強い。今まで戦った相手の中でもピカイチなんじゃないですかね? 一発の破壊力もあるし、スピードも速い。総合の選手って遠いところから打ってくる人が多いんですけど、中でも堀口選手の距離は特に遠いんです。その距離に慣れるために、練習でのミット打ちは遠くに構えてもらっています。まぁ、対策はしているんで、急に飛び込んでくるということさえ気をつければ、あとは問題ないでしょう。どんな状況にも対応できるような練習は以前からやっているので、トリッキーな動きをされても大丈夫です。自分の距離にしちゃえば怖くない」

サムネイル
31戦31勝、無敗の天才キックボクサー・那須川天心『RIZIN.13』9月30日(日)開催


――気が早い話ですが、堀口選手との試合後、総合ルールでの再戦は考えていますか? もうキックルールだと敵がいないのでは?

天心:「今は総合での再戦は考えてないです。目の前の試合に集中するだけです。総合の練習は1週間に1回やったりやらなかったりで、少しずつ準備は進めていますけど、いつからやるっていうのは全然決まってない。僕のベストは55kg級なんですけど、今回の試合は58kg級です。そうやって階級を上げていけば、リスクはありますが、キックルールでも対戦相手はまだいます。今までの試合を見返すと、僕自身も体はかなりデカくなっているのを感じます。そうなると、戦い方も変わってくるのでそこら辺も見てもらいたいです」

■「KIDさんと魔裟斗さんの試合を超えたい」

――98年生まれと若い那須川選手ですが、どの世代のファイターに憧れて格闘技を始めたのですか?

天心:「僕たちの世代ってPRIDEをリアルタイムで見ていないんですよ。もちろん、盛り上がっていたことは知っていますけど。僕が見ていたのはそのちょっと後、K-1 WORLD MAXですね。でも、特別誰かに憧れたわけではないんです。僕が憧れたのは、舞台そのもの。K-1 WORLD MAXのリングに憧れていましたね。」

サムネイル
31戦31勝、無敗の天才キックボクサー・那須川天心『RIZIN.13』9月30日(日)開催


――最後に、試合への意気込みをお願い致します。

天心:「KOします。むしろ、しなきゃいけない。KIDさんと魔裟斗さんの試合を超えるような名試合にしたいと思います」

<大会概要>
「RIZIN.13」
■日時:2018年9月30日(日) 13:30 開場 / 15:00 開始
■会場:さいたまスーパーアリーナ
■主催:RIZIN FIGHTING FEDERATION
■出場予定選手:
那須川天心、堀口恭司、ボブ・サップ、山本美憂、アンディ・ウィン、朝倉海、朝倉未来、ミルコ・クロコップ、ロッキー・マルティネス、大砂嵐、原口健飛、大雅 ほか

【生配信】2018年9月30日(日)14時00分~配信開始>>

【無料配信】過去大会の試合映像を一挙配信>>

◆那須川天心
1998年8月18日生まれ、千葉県出身の20歳。"神童"と呼ばれる天才ファイターで、15歳でプロデビューを果たし、16歳でRISEバンタム級の王座を戴冠。2018年5月には無傷のデビュー30連勝を達成した。座右の銘は、「天真爛漫」。

サムネイル
『RIZIN.13』9月30日(日)開催


(取材・文/沢野奈津夫@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ