ここから本文です

マツコ・デラックスと有吉弘行が、「師弟のパワーバランスが逆転したとき、弟子はどうするべきか?」というテーマで語り合った。有吉は金銭的に苦しかった時期、後輩芸人に「今日から割り勘にしてくれ」と伝えた経験を明かした。

サムネイル

A wax figure of Matsuko Deluxe on display at the Madame Tussauds Tokyo wax museum in Odaiba, Tokyo, June 15, 2015. (写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)


【無料配信】「マツコ&有吉 かりそめ天国」最新話を配信中>>

9月26日放送のテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」では、「長年お世話になっている仕事の師匠が、いつもおごってくれていたのに、急におごってくれなくなった。どう考えればいいのでしょうか?」という視聴者からの投稿が取り上げられた。有吉は、「今まで通りにいかない事情があるんでしょ」とコメントした。

有吉自身も、仕事が減って金銭的に苦しかった時期、お笑いトリオ・インスタントジョンソンのスギ。に「本当にもうお金がないから、今日から割り勘にしてくれ」と伝えたことがあるそう。それに対するスギ。の返答など、一連のエピソードにマツコは、「いい話~!」としみじみしていた。

マツコは、「『師匠のおかげでいっぱい仕事がもらえるようになったんですよ。今までおごってもらったお礼に俺に出させてください』くらい(言ったほうがいい)」と意見を述べた。さらに「師弟関係が続いていけば、ある日逆転するときが来る」と断言した。

有吉は、「かっこつけてる人は恥かかせたくないって思う。その先輩もかっこつけたいのであれば行かなきゃいいのにね」と語り、マツコは、「そこしか行く場所がわからないで寂しくて、ずっと一緒につるんでた後輩を誘っちゃうんだろうね」と続けた。後輩としての気の使い方を提案して、マツコは、「うまくやっていくしかない!」と結論づけた。

【無料配信】「マツコ&有吉 かりそめ天国」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ