ここから本文です

テレビアニメ『進撃の巨人』Season 3の第47話『友人』で、作中でもトップクラスの強さを誇るケニーの壮絶な生涯が描かれた。リヴァイとの関係もついに明らかになった。

サムネイル

(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


【無料配信】「進撃の巨人」Season 3最新話を配信中(毎週月曜の正午更新)>>

"切り裂きケニー"の異名を持つケニーは、中央第一憲兵団に所属する"対人制圧部隊"の隊長を務める男。リヴァイに負けず劣らずの強さの持ち主で、調査兵団を苦しめてきた。しかし、何かリヴァイと因縁があるようだが......? その過去が第47話『友人』でついに明らかになった。

礼拝堂の崩落現場から脱出したケニーは、大やけどと出血で、息も絶え絶えになっていた。彼の脳裏に自らの壮絶な生涯が浮かんでは消えていく。そこで明かされたのは、レイス家当主ロッド・レイスの弟であるウーリ・レイスとの出会い、さらにリヴァイとの関係だった。そして、絶命寸前のところでリヴァイと対峙(たいじ)するケニー。彼は生きるための最後の悪あがきをするかのように、巨人化する薬品の入った注射器を取り出すのだった......!

ケニーとリヴァイの芝居があまりにも良いことから、あえて音楽なしになったというこのシーン。名演を受けてTwitter上では、ケニー役を演じる山路和弘に対して、「山路さんケニーを演じてくれてありがとう」という感謝の声が広がっている。

なお、次回『傍観者』では、ついにエレンが父グリシャの過去を知ることになる。これまで劇中では、グリシャが犯した罪も描かれてきた。果たして彼の真の目的とは――?

【無料配信】「進撃の巨人」Season 3最新話を配信中(毎週月曜の正午更新)>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ