ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」が、10月9日よりスタートする(毎週火曜21時~)。放送に先立って行われた制作発表会見で、主演の高橋一生について、「女性スタッフはみんな目がハートになっています」と榮倉奈々が暴露する一幕があった。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」が、10月9日よりスタート


・【無料配信】高橋一生 主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

「僕らは奇跡でできている」は、生き物のことになると周囲には目もくれず没頭してしまう変わり者の大学講師が、ユニークな言動で周囲に波乱を巻き起こすハートフル・ヒューマンコメディ。「僕の生きる道」シリーズ(カンテレ)の脚本を手がけた橋部敦子による完全オリジナル作品で、高橋は大学で動物行動学を教える主人公・相河一輝を演じている。

10月1日には都内で「僕らは奇跡でできている」の制作発表会見が行われた。本作がゴールデンプライム帯(19時~23時)の民放ドラマ初主演となる高橋は、「僕自身、とても発見の多いドラマです。説教臭くなく、見ていただいた方に自然と豊かな気持ちになってもらえると思います」と作品の出来に自信をのぞかせた。

歯の治療を通じて一輝と出会う"こじらせ気味"のエリート歯科医師・水本育実役の榮倉奈々は、現場での高橋の様子について聞かれると、「女性スタッフの多い現場なんですけど、みんな目がハートになっています」と暴露。一輝と同居する家政婦・山田妙子役を演じる戸田恵子も便乗して「私が唯一、"一緒に暮らしている女"です」と誇らしげに自己紹介してみせて、場内の笑いを誘っていた。

本作は、映像配信サービス「GYAO!」にて独占公開される特別ドラマ"チェインストーリー"も見どころのひとつ。こちらでは、登場人物の秘密や知られざる過去などにユニークな目線で迫っていく。アリが大好きな同僚講師・沼袋順平を演じるお笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉は、「本編ではずっとアリに向かって芝居をしている」と寂しそうにコメント。それだけに「5分間のチェインストーリーではちゃんと人の目を見て芝居をしているので、ぜひ注目してください。僕は出ずっぱりなので、撮影時間がめちゃくちゃ押すんですよ。それくらい頑張っているんで」とアピールに余念がなかった。

会見の最後に、主演の高橋は「見ていただければわかるのですが、単純な勧善懲悪や起承転結にカテゴライズできない作品です。ジャンル分けが難しいぶん、たくさんの楽しみ方ができる作品でもあります」とアピール。同作のモチーフになっている動物の生き方に絡めて、「多様性」という言葉で作品の魅力を紹介していた。

サムネイル
カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」が、10月9日よりスタート


映像配信サービス「GYAO!」では、「僕らは奇跡でできている」の各話テレビ放送終了直後から無料見逃し配信を実施する。また、物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーを独占配信(毎週火曜ヨル9時54分より配信開始)。

・【無料配信】高橋一生 主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

・物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/曹宇鉉@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ