ここから本文です

根も葉もない不倫スキャンダルのせいで芸能界を追放された女優......。母親が焼身自殺してすべて失ってしまった彼女が、整形手術を受けて復讐(ふくしゅう)の鬼となった! 10月4日よりスタートした読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「ブラックスキャンダル」は、壮絶な復讐(ふくしゅう)劇だ(毎週木曜23時59分より放送)。

サムネイル

読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「ブラックスキャンダル」(毎週木曜23:59~24:54)


【無料配信】「ブラックスキャンダル」最新話を配信中>>

特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

女優の藤崎紗羅(松本まりか)は、根も葉もない不倫スキャンダルの当事者に仕立て上げられ、偽りの謝罪会見をするはめになった。紗羅は激しいバッシングの末に芸能界から抹殺されて、さらに紗羅の母親は、娘のスキャンダルを苦にして焼身自殺を遂げた。それから5年後、すべてを失った紗羅は、整形手術を受けて矢神亜梨沙(山口紗弥加)を名乗り、自身を陥れたゲスたちに復讐(ふくしゅう)を果たすべく動き出す――。

亜梨沙はかつての所属事務所「フローライト」に芸能マネージャーとして入り込む。彼女が狙うのは、テレビプロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)、そして、「フローライト」社長の勅使河原友和(片岡鶴太郎)と、マネージャーの花園由祐子(平岩紙)たちだ。

亜梨沙は第1話で、花園が事務所の若手女優・小嶋夏恋(小川紗良)に五色沼相手に枕営業をするよう迫っていることを察知する。それを逆手に取って、亜梨沙が仕掛けた罠(わな)とは......!? 「ブラックスキャンダル」は、枕営業など、芸能界のタブーを暴き出すような展開も魅力の作品。今回がドラマ初主演の山口紗弥加が、復讐(ふくしゅう)の鬼となった女を見事に演じている。

10月11日放送の第2話では、「フローライト」の看板女優・阿久津唯菜(松井玲奈)が、ありもしない紗羅との不倫を認めた俳優・棚城健二郎(波岡一喜)と共演することになる。亜梨沙は、健二郎に復讐(ふくしゅう)すべく接近するが――。「なぜ紗羅は偽りの謝罪会見を仕組まれたのか?」、その謎の真相に次週また少し近づきそうだ。

なお、映像配信サービス「GYAO!」では、物語の各話をつなぐ特別映像"チェインストーリー"を独占配信中。第1.5話では、知られざる亜梨沙と唯菜の過去が描かれる。

【無料配信】「ブラックスキャンダル」最新話を配信中>>

特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ