ここから本文です

映像配信サービス「GYAO!」にて公開中の情報バラエティ番組「さきどりBose」に、お笑い芸人・よゐこの有野晋哉がゲスト出演。アイドル写真集へのこだわりを明かした。

サムネイル

(C)GYAO!


よゐこの有野晋哉が熱弁! これからくるアイドル特集前編>>

「さきどりBose」は、チマタで流行しているモノ・コトをヒップホップユニットのスチャダラパーのBoseと楽しみながらさきどりする情報バラエティ。今回は、400冊以上ものアイドル写真集を所有する有野と、年間200ものアイドルイベントに通うニッポン放送アナウンサー・吉田尚記がアイドル写真集について語った。

その中で有野は、「ずーっと表紙を見ながら、『その子とどこで出会いたいか』を考えるんです」とアイドル写真集への驚きのこだわりを明かした。たとえば、お気に入りだという久松郁実の写真集では、「(自分が)高1で、(久松が)高3かな。それで(久松には)付き合ってるのかどうかわかんないけど、すごく仲良い不良の男友達がいる」という設定で妄想を繰り広げたそうだ。MCを務めるBoseは、「イメージの問題なんだね。写真集に全てを求めちゃダメなんだね」と独特過ぎる写真集の楽しみ方に感心していた。

有野は他にも、写真集をチェックすることで「事務所に大事にされているかどうか」がわかると熱弁。大事にされている場合は衣装替えが多く、大事にされていない場合は天気が曇りでも撮影してしまっているという持論を展開した。また、吉田尚記アナは、「写真集を開いて先に目が行く左側のページに、アイドルと目線が合う写真が配置されている」のが、良い写真集だと主張していた。

よゐこの有野晋哉が熱弁! これからくるアイドル特集前編>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ