ここから本文です

女優の広末涼子が、自身が体験した"激レア"なエピソードを告白。しかし、そのエピソードで本当にレアな体験をしたのは、広末本人ではなかったのでは......!?

サムネイル

Actress Ryoko Hirosue attends a press conferenece in Tokyo, Japan, on October 11, 2012.(写真:アフロ)


ダチョウで200億円を生み出す世界初の大発見をした人物とは>>

マンガのような"激レア"な体験をした人=激レアさんから話を伺い、ウソみたいな状況に対処できる人材の育成を目指すテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」。10月8日放送の同番組に、広末涼子がゲスト出演した。

MCを務めるお笑いコンビ・オードリーの若林正恭から、激レア体験の有無を聞かれた広末は、「1カ月前、運転していた車が道路の真ん中で止まってしまった」という体験を明かした。後続の車を停止させるために三角停止表示板を出そうとしてもトランクが開かず、クラクションを鳴らされて余裕がなくなった広末は、近くのパン屋に緊急避難。三角停止表示板を三角コーンで代用し、さらにパン屋の店員と通りすがりの男性に車を押してもらって、なんとかピンチを脱したという。

この体験を激レア体験として披露し、助けてくれた男性たちに感謝の念を表した広末だったが、共演者の受け取り方は少し違ったようだ。若林は、「広末さんなら俺もやりたいですよ」と車を押した男性をうらやみ、アナウンサーの弘中綾香もこれに同意。お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹も、「そんなのお祭り騒ぎですよ」と広末を助けたことの方が男性にとって激レア体験だと主張していた。

また同番組には、あらゆる鳥に人生を捧(ささ)げ、ダチョウで200億円を生み出す世界初の大発見をした人物も登場。驚きの経歴を振り返った。

ダチョウで200億円を生み出す世界初の大発見をした人物とは>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ