ここから本文です

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜21時~)が、10月9日に放送開始した。マイペースな変わり者の主人公・相河一輝役を高橋一生が絶妙なバランスで演じてみせた。

サムネイル

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」が、10月9日よりスタート


【無料配信】高橋一生 主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

相河一輝は、動物の行動を研究する"動物行動学"を教える大学講師。しかし、生き物以外には無頓着な相河は、周りの空気を読めない超マイペース人間だった。そんな相河はある日、苦手なものを先送りにする悪癖がたたって虫歯になってしまう。受診した歯科クリニックで出会ったのは、"こじらせ"女性歯科医・水本育実(榮倉奈々)だった――。

通勤中に昆虫を眺めて遅刻したり、悪意ない失言で家政婦・山田妙子(戸田恵子)を怒らせるなど、第1話冒頭からその変わり者ぶりを見せつける相河。歯科クリニックの受診中にも歯と関係ない動物トークを始めるなど、物語のヒロインである育実からの第一印象はけっして良くないもののはずだった。

しかし、そんなマイペース人間でありながら、妙に愛らしく見えてくるのだから不思議だ。ネット上では、「なぜか許せちゃう!」「むかつくとかわいいの紙一重」「ぶっとんでるけど、目が離せない」といった声が多数上がっている。

"少々迷惑な変わり者"と"純粋な自由人"の絶妙なバランスを演じてみせるあたり、やはり高橋一生とは類稀(たぐいまれ)な役者と言わざるをえない。高橋演じる相河が、日ごろ堅苦しい常識にとらわれた視聴者たちの肩の力をフッと抜けさせてくれそうだ。

映像配信サービス「GYAO!」では、「僕らは奇跡でできている」の各話テレビ放送終了直後から無料見逃し配信を実施している。また、物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーも独占配信中。チェインストーリー第1.5話では、アリが大好きな大学講師・沼袋(児嶋一哉)が、相河の触れられたくない『あるもの』の秘密について仮説をたてる。

【無料配信】高橋一生 主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

物語につながる特別ドラマ「チェインストーリー」を独占配信>>

(文/沢野奈津夫@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ