ここから本文です

俳優の安田顕が、自身も所属する5人組演劇ユニット・TEAM NACSへの思いを明かした。「とにかく辞めない!」「続けていくしかない。続けたいし......」と語っている。

サムネイル

提供:アフロ


【無料配信】安田顕、TEAM NACSへの思い明かす「サワコの朝」配信中>>

TEAM NACSは、北海学園大学演劇研究会出身の森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真による演劇ユニット。安田は、10月13日放送のTBS系「サワコの朝」にゲスト出演して、TEAM NACSの中での自身の立ち位置を語るなど、メンバーの素顔がわかるエピソードの数々を披露した。また、10月14日よりスタートした出演ドラマ「下町ロケット」(TBS系)についても語った。

MCを務める作家でタレントの阿川佐和子に「TEAM NACSでドラマを作ることはないんですか?」とたずねられて、安田は、「大変そうですからね。5人を光らせなきゃいけないから」と返答した。TEAM NACSの舞台は全員が光っているとした上で、「作家さんは悩むと思います。1人を軸にして進んでいけばいいのに、5人が光らないといけない。僕らというより、NACSを好きな人が納得しない」と語った。

安田は、TEAM NACSの今後について「とにかく辞めない!」とキッパリ。「3年に1回しか公演やらないんですよ。毎年やってたら、たぶん解散しています」と冗談めかして話しつつ、「(TEAM NACSという)基盤があるから、そこをずっと応援してくださっている方々が、こういう場に押し上げてくれているんです。元にあるのは、北海道なんです。その方たちを裏切れない。だから続けていくしかない。続けたいし......」と真摯(しんし)な表情で自身の考えを述べた。

【無料配信】安田顕、TEAM NACSへの思い明かす「サワコの朝」配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ