ここから本文です

嵐の相葉雅紀が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「僕とシッポと神楽坂」が、10月12日よりスタートした(毎週金曜23時15分~)。心優しい獣医師を演じる相葉の"白衣姿"に癒やされる視聴者が続出しているようだ。

サムネイル

イメージ画像(写真:アフロ)


【無料配信】嵐の相葉雅紀が主演「僕とシッポと神楽坂」最新話を配信中>>

本作は、2012年から集英社クリエイティブ『月刊officeYOU』で連載している、たらさわみちの同名漫画シリーズを実写化したもの。東京・神楽坂を舞台に、獣医師・高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いた癒やし系ヒューマンドラマだ。映画『神様のカルテ』などを手がけた深川栄洋が監督を務めている。

仕事中の達也は白衣姿でメガネを着用し、どこか気弱そうな雰囲気を醸し出している。しかし、獣医師としての腕は確かで、手術シーンでは丁寧で繊細なメスさばきを披露。また、手術のときは動物の命と真剣に向き合うからこそ厳しい目つきをしており、普段の穏やかな達也とのギャップを相葉が見事に演じ分けている。

犬や猫など多くの動物が登場するのも同ドラマの見どころだ。劇中では達也が営む動物病院の看板犬・ダイキチと神楽坂の地域猫・オギが人間の言葉で会話するシーンもあり、ネット上では「動物たち会話するんだ」「会話してるw」「会話があったの嬉しかった」といった声があがった。

10月19日放送の第2話では、達也のもとに骨肉腫を患った愛犬・ジュリの飼い主である少女が訪れる。別の病院では足の切断を迫られたというが、果たして達也はジュリを救うためにどのような決断を下すのか――。

【無料配信】嵐の相葉雅紀が主演「僕とシッポと神楽坂」最新話を配信中>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ