ここから本文です

石ダテコー太郎監督のオリジナルアニメ『ひもてはうす』が、10月よりTOKYO MX他でスタートした。「日常系アニメ」という枠を全力ではみ出していくテンポのいいギャグ、そしてアドリブパートでの声優陣の"暴走"が、放送直後から話題を集めている。

サムネイル

(C)ひもてはうす製作委員会


【無料配信】「ひもてはうす」を配信中>>

本郷たえは大学時代の友人・紐手こころの紹介で、紐手家の三姉妹とこころの友人・新井みなもが暮らす中野区の一軒家・通称「ひもてはうす」でシェアハウスをすることになった。たえが持ち前のマイペース&ハイテンションで豪快に自己紹介を済ませると、早速5人はリビングに集まって共同生活のルールを決めることに。しかし洗濯物について話し合うはずが、たえの提案から全員のパンツの品評会が始まり......。

『てさぐれ!部活もの』シリーズを始めとしたコメディアニメを得意とする石ダテ監督作品らしく、今作でも終始テンポのいいギャグが展開されている。冒頭から「姉さん、いよいよたえの引っ越しの日! お姉ちゃんいないけど!」と存在しない姉に語りかけるモノローグが挿入されるなど、シュールなネタの連打が笑いを誘う。さらに通常のアニメであれば引きになりそうな"5人の女子が持つ不思議な能力"についての説明もあっさりと終わらせてしまうスピード感に、純度の高い"石ダテコー太郎節"を感じてうれしくなったファンも少なくないだろう。

さらにエンディング後にはアドリブパートが用意されており、豪華声優陣の繰り出す即興ネタも本作の大きな魅力となっている。第1話でも早速「キスの音いい女選手権」というお題で大喜利が開催され、明坂聡美(紐手こころ役)と上坂すみれ(新井みなも役)が人気声優らしからぬネタを披露していた。

ラジオやイベントでは切れ味鋭いトークを披露しているメインキャストの洲崎綾(本郷たえ役)だが、意外にも石ダテ監督作品は初出演。今後、三森すずこ(紐手きなみ役)や水原薫(紐手ときよ役)、西明日香(飼い猫:えにし役)といった石ダテ監督作品ではおなじみのキャストを相手にどのようなアドリブを聞かせてくれるのだろうか。洲崎にとっては大人気ラジオ番組『洲崎西』の相方である西との共演ということもあり、Twitter上では2人のコンビネーションに期待する声も寄せられている。

また、『ひもてはうす』は従来の製作委員会方式に加え、投資型クラウドファンディングを通して資金調達を実施したことでも話題となっている。同作の制作を担う株式会社バウンスィの代表取締役・江口文治郎氏は「『ひもてはうす』に資金が集まり、ちゃんと収益上の成果が出せたなら、他のアニメ制作会社さんにも新たな資金調達方法として投資型のクラウドファンディングが広がって行く可能性があるなと感じています」と製作応援ファンドに掲載されたインタビュー内で語っており、今後のアニメ作りのフォーマットとして投資型クラウドファンディングが定着する可能性にも注目したいところだ。

【無料配信】「ひもてはうす」を配信中>>

(文/曹宇鉉@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ