ここから本文です

ロシアワールドカップで"半端なく当たるサッカー解説者"として注目を集めた岩本輝雄は、AKB48の熱狂的なファンとしても知られている。日本代表の森保一監督や本田圭佑選手を東京・秋葉原のAKB48劇場に誘ったこともあるという岩本が、AKB48への深すぎる愛を熱弁してくれた。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 "半端なく当たるサッカー解説者" 岩本輝雄)


ワールドカップ後にメンバーを一新する訳は>>

Jリーガーを変えた男キングカズの伝説>>

■AKB48の楽曲は「脳にいい」!?

――AKB48の熱狂的なファンの岩本さんですが、そもそもAKB48にハマったきっかけはなんだったのでしょうか?

岩本:「2012年ごろにAKB48のメンバーと仕事で共演して、それから彼女たちのコンサートに行って感動したのが最初です。単純に頑張っている姿に胸を打たれたのと、なによりもやっぱり歌が素晴らしい。中学生の頃はおニャン子クラブのファンだったので、秋元康さんの歌詞がバシッとハマったんだと思います。とにかくAKB48の曲は脳にいい! 本当にリラックスできるんです。サッカー界にも広めようと思って、森保一監督や本田圭佑選手にも布教しました。興味は持ってくれましたけど、多忙を理由に劇場公演に行くのは断られてしまいました(笑)。でも、現場で見たら絶対に感動しますよ」

――そんな"AKB愛"が実って、2015年にはAKB48の特別公演「青春はまだ終わらない」をプロデュースされました。感慨もひとしおだったのではないでしょうか?

岩本:「気分はもう監督ですよ(笑)。僕が考えたプログラムで彼女たちが歌っているところを見て、感謝の気持ちでいっぱいになりました。公演期間中は本当に青春時代に戻ったような、すごく楽しい時間でしたね。ヤンキースの田中将大選手や田原総一朗さんのような有名人も公演をプロデュースしていましたけど、熱心に現場に通い詰めていたのは僕くらいじゃないでしょうか」

――岩本さんのプロデュース公演は、セットリストが非常にタイトだったそうですね。

岩本:「現場でメンバーたちに『テルさん、本当にキツいですよ!』と言われました(笑)。体力のことをなにも考えないで好きな曲をバンバン入れていったので、今となっては申し訳なかったです。いつも公演の終盤になるとメンバーはクタクタに疲れていました(笑)。それでもみんな最後まで一生懸命にやってくれて、ただただ感謝ですね」

■デビューしたばかりの小栗有以を公演に抜てき

――推しメンのひとりだった大島涼花さんが2017年6月にAKB48を卒業。さらに今年8月には、プロデュース公演でもセンターに指名していた神推しの小嶋菜月さんも卒業されました。寂しい気持ちはありましたか?

岩本:「卒業していってしまうのはもちろん悲しいことですけど、誰しもいつかはそういう時期がやってきます。なので、それぞれの未来に向けて、AKB48からステップアップしていってくれればいいかなと思っています。寂しい気持ちよりも、頑張ってもらいたいなと応援する気持ちの方が大きいですね」

――そんな中で、当時バックダンサーだった13歳の小栗有以さんを公演メンバーに抜てき。その後、小栗さんは"2万年に1人の美少女"と呼ばれ、シングル『Teacher Teacher』ではセンターを務めるなど活躍中です。

岩本:「小栗さんを初めて見たときからパッと華があったというか、すごく目立つものを感じたんですよ。サッカーでも、若い年代の選手を指導しているときに『あ、こいつは伸びるな』と直感的にわかることがあるんですけど、それに近い感覚かもしれません。今よりも1年先や2年先を見るようなイメージですね」

――小栗さんはたびたび岩本さんへの感謝を口にしています。「将来有望なアイドルを発掘できた!」という喜びはありましたか?

岩本:「いやいや、僕が発掘したわけではないですよ(笑)。彼女が自分の努力で上がってきただけですから。でも、プロデュース公演に選んだメンバーがシングルのセンターになったり、ドラマの主演をやっていたりするのを見るのは単純にうれしいですね。ファン冥利(みょうり)に尽きますよ。公演をプロデュースできたのも元をたどればすべてサッカーで築いたキャリアのおかげですから、サッカー選手として有名になっていて良かったとあらためて思いました」

■坂道シリーズが人気でもAKB一筋!

――かつて神7と呼ばれたメンバーのほとんどが卒業し、小栗さんをはじめとした新世代の台頭もあってAKB48もだいぶ様変わりしてきました。

岩本:「人の入れ替わりはありますが、歌やパフォーマンスの方向性自体はそこまで変わっているわけではありません。卒業したメンバーの穴を埋めるように、若い子たちがどんどん出てきて急激に成長していく姿を見るのは楽しいですよ。見れば見るほど、チームごとの個性もわかってきます。衣装もすごく華やかだし、彼女たちの振り付けや表情を見ているだけで、やっぱりいいなぁという気持ちになります」

――最近では乃木坂46や欅坂46の存在感が大きくなってきている印象です。岩本さんは坂道シリーズをどのように評価していますか?

岩本:「実は乃木坂も欅坂もよく知らないんです。乃木坂は紅白で『インフルエンサー』を聴いていい歌だなと思いましたが、それくらいですね。あとは本当に全然聴いていないんですよ。ずっとAKB一筋です。もちろん音楽的には似ていますから、本格的に聴いたら好きになるのかもしれない。それでもやっぱり僕はAKBの方がいいかな(笑)。たぶん元気で明るいノリが好きなんでしょうね。

最近は坂道に勢いがあるのかもしれませんが、たとえばサッカーでも永遠の常勝チームはないじゃないですか。去年はバルセロナが強かったけど今年はレアル・マドリードとか、ポゼッションの次はカウンターが復権したりだとか、大きく見ればサイクルのひとつでしかない。アイドルの世界も同じで、またAKBに流れが向くこともあると思います」

――最後に、AKB48の今後についての予想や、起爆剤となりそうなアイデアがあれば教えていただけますか。

岩本:「正直、そういうことについてはあまり考えません。僕は本当にただのファンとして劇場やコンサートに足を運んで、楽しむことがすべてですから。好きなものだからこそ、変に評論家みたいにならない方がいいと思うんですよ。もちろんサッカーは専門分野なのでいくらでも深入りしていきますけど、AKBについてはひたすら全力で楽しんでいく。それだけですね」

ワールドカップ後にメンバーを一新する訳は>>

Jリーガーを変えた男キングカズの伝説>>

◆岩本輝雄
1972年5月2日生まれ、神奈川県出身。横浜商大高卒業後、1991年にフジタ(現湘南ベルマーレ)に入団し、精度の高い左足のキックを武器にチームの天皇杯優勝に貢献。ファルカン監督が率いた日本代表では10番を背負い、代表通算9試合2ゴール。2006年にはニュージーランドのオークランド・シティの一員としてFIFAクラブワールドカップにも出場した。現役引退後は解説者、タレントとして活躍中。AKB48と新日本プロレスの大ファンとして知られている。現在の推しメンは"ゆいゆい"こと小栗有以。
座右の銘は、「幸福度数が一番大事!」。

(取材・文/曹宇鉉@HEW

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ