ここから本文です

俳優の東出昌大が、妻である女優・杏への感謝を語った。自身の若い頃を「クズみたいな、掃き溜(だ)めみたいなところで生活していた」と振り返っている。

サムネイル

Masahiro Higashide at Palais des Festivals on May 15, 2018 in Cannes, France. (写真:Splash/アフロ)


【無料配信】「チマタの噺」最新話を配信中>>

東出が、10月16日放送のテレビ東京系「チマタの噺」にゲスト出演した。街行く人々の悲しい恋愛エピソードを集めたVTRを見て、話題は、「女は男をダメにする?」という方向へ。番組MCを務める落語家の笑福亭鶴瓶は、「俺、うちの嫁はんに会って真面目になったで」と語り、「杏ちゃんもきっちりしてるやろ?」と東出にたずねた。東出は、「しています。たぶん彼女はずっときっちり生きてきた人生だと思う」と認めた。

東出は、「僕の10代後半から20代前半は、ちょっとずついろんなところが足りない男友達、お金が足りない、頭が足りない、酒が足りないって連中と日々ドンチャンやっていた。クズみたいな、掃き溜めみたいなところで生活していた」と振り返り、「そこからだいぶ更生された」と明かした。また、「頑張ってきたものが何もなかった。『頑張っているって言えるかも』っていう初めてのものが今のお仕事だと思います」とも語っている。

ただ、鶴瓶は、「こっちから見たらめっちゃ真面目や思うもん」と指摘して、「もうちょっと"人間ののりしろ"を持ったほうが(いい)。しんどいのちゃうかと思う」と東出にアドバイスした。真面目すぎと言われた東出が「あの話は本当なんですか?」と鶴瓶に真偽をたずねたエピソードとは......? 真相を聞いて爆笑していた。

【無料配信】「チマタの噺」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ