ここから本文です

10月8日~10月14日期間中のドラマを「番組平均世帯視聴率」ランキング形式で紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。10月11日に放送されたテレビ朝日系「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第1話が15.0%を記録し、第1位を獲得した。

サムネイル

「番組平均世帯視聴率」ランキングを紹介(関東地区、ビデオリサーチ調べ)


■第1位 テレビ朝日系「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」第1話(10月11日放送) 15.0%

【無料配信】「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」最新話を配信中>>

とある理由で弁護士資格を剥奪された"元"弁護士の小鳥遊翔子(米倉涼子)は、言葉巧みに弱小弁護士らを次々とスカウトし、新事務所「京極法律事務所」を設立。大手弁護士事務所を相手に勝利を懸けた戦いを挑んでいく。

一流企業「君島化学」の社員・安田勉(児嶋一哉)は、女子大生の三島麻央(山谷花純)から痴漢の嫌疑をかけられる。痴漢騒動に出くわした京極法律事務所の若手弁護士・青島圭太(林遣都)は、無実を訴える安田の弁護を引き受けるが、翔子は「売れない弁護士がやるクズ案件」と切り捨て――。

■第2位 フジテレビ系「SUITS/スーツ」第1話(10月8日放送) 14.2%

全米メガヒットドラマ「SUITS」を原作とした、スタイリッシュでクールな弁護士ドラマ。勝つためには手段を選ばない敏腕弁護士・甲斐正午(織田裕二)と、驚異的な記憶能力を持つフリーター・鈴木大貴(中島裕翔)がバディを組み、難解な訴訟を次々と解決していく。

「幸村・上杉法律事務所」に所属する甲斐は、経営にも携わるシニアパートナーへの昇格を狙っていた。しかし、代表弁護士・幸村チカ(鈴木保奈美)から、アソシエイト(パートナーとして働く若年の弁護士)を雇うことを昇格の条件として提示される。条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開き、そこで偶然大貴と出会う――。

■第3位 TBS系「下町ロケット」第1話(10月14日放送) 13.9%

【無料配信】「下町ロケット」最新話を配信中>>

2015年10月期に放送され大ヒットとなったドラマ「下町ロケット」の新シリーズ。池井戸潤の小説『下町ロケット ゴースト』を原作に、佃航平(阿部寛)率いる町工場「佃製作所」が困難を乗り越える様を描いていく。

自社開発のバルブシステムが日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」に採用されるなど、佃製作所の経営は順調だった。しかし、帝国重工の業績が悪化し、ロケット事業からの撤退の可能性が浮上。さらに、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられ窮地に......。そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の実家である農家を訪れた際、佃はトラクターを運転したことをきっかけに新たな夢を抱くのだった。

■「ドロ刑―警視庁捜査三課―」、「獣になれない私たち」と続く

第4位には、日本テレビ系「ドロ刑―警視庁捜査三課―」第1話(11.8%)。続いて、日本テレビ系「獣になれない私たち」第1話(11.5%)が第5位となった。

【無料配信】「獣になれない私たち」最新話を配信中>>

「ドクターX」シリーズで視聴率女王の称号を手にした米倉涼子だが、「リーガルV」でも貫禄を見せつけた。「リーガルV」の後を追う「SUITS/スーツ」は、視聴率を伸ばしてトップを奪取できるか。"弁護士ドラマ対決"から目が離せない。

(文/山内光太郎@HEW
出典:株式会社ビデオリサーチ(ビデオリサーチ調べによる「関東地区」「番組平均世帯視聴率」より)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ