ここから本文です

ダメ男たちをぶった切る痛快なストーリーで話題のテレビ朝日系ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」第2話には、恋人に家事を丸投げする男が登場。彼に対する「こいつ無能なのかしら?」というセリフに、ネット上で称賛の声があがっている。

サムネイル

イメージ画像 Happy young love couple kissing behind red heart. Isolated over white background.(写真:アフロ)


【無料配信】ダメ男たちをぶった切る痛快ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」最新話を配信中>>

ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」は、20代から30代の女性を中心に反響を呼んでいる尾崎衣良の同名漫画を実写化したもの。IT企業で受付嬢をする円(馬場ふみか)と、行政書士の千鳥佐和子(佐野ひなこ)、メーカー勤めの福間千代(久松郁実)の3人が深夜に"ダメ男報告会"を開き、彼らを辛らつに切り捨てる様を描いていく。

第2話には、佐和子の恋人である国分諒(瀬戸利樹)が登場した。諒は不動産会社の営業で、職場から近いことを理由に佐和子の家に頻繁にやって来るのだが、自分はずっと家にいたにもかかわらず、仕事から帰ってきたばかりの佐和子に「待っている間におなか空いちゃった。簡単なものでいいよ、ハンバーグとか」と言い放つ。しかも食材の買い物に行こうとする佐和子に対して、「歯ブラシも買ってきて。出かける前にお茶入れてよ。お茶!」と要求を重ねた。

さすがに堪忍袋の尾が切れた佐和子は、「仕事から帰ってきた好きな女のために、男がお茶を入れるって発想はないんだね」とチクリ。さらに「キッチンに行けばお湯も沸かせるし、急須もお茶っ葉もある。すぐにお茶が飲めるのに、それすらできないなんて、『こいつ無能なのかしら?』って思ってるだけ」と反論したのだった。これでいったんは反省の色を見せた諒だったが、第2話後半では、また佐和子に家事を丸投げしてこっぴどく叱られてしまう......。

程度の違いはあれ、諒のような男はけっして珍しくないのだろう。お互い働いているのに、自分だけ「仕事で疲れている」を理由に恋人に家事を押し付ける。そんな勝手な男をバッサリ切った「深夜のダメ恋図鑑」に対して、ネット上では、「わかりみ強くて笑った」「男性全員に見るのを義務化させてほしい」「キレッキレな言葉が最高」といった声があがっている。また、諒が「簡単なもの」としてハンバーグを例に上げていたことをツッコむ声もあった。

ちなみに「簡単なものでいいよ」でネット検索をかけてみると、「それで気を利かせたつもりか」などと愚痴る書き込みがいくつもヒットする。つまり諒は、何重にも地雷を踏んでしまっていたということ。悪気がないのが一番タチが悪いというか......。諒役を演じる瀬戸利樹が、番組公式サイトで「登場する男の中で一番ダメな男なんじゃないかなと思いました」とコメントしているのも納得かもしれない。

【無料配信】ダメ男たちをぶった切る痛快ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ