ここから本文です

テレビアニメ『進撃の巨人』Season 3の第49話『奪還作戦の夜』では、戦いの直前、兵士たちのほっと心休まる一時が久々に描かれた。いよいよ調査兵団は、悲願であるウォール・マリア奪還作戦に挑む。

サムネイル

(c)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会


【無料配信】「進撃の巨人」Season 3最新話を配信中(毎週月曜の正午更新)>>

巨人たちにウォール・マリアを突破されたせいで、人類は活動区域をウォール・ローゼ内まで大きく後退せざるをえなくなった。ウォール・マリアを奪還することは、調査兵団の、ひいては人類全体の悲願。『進撃の巨人』Season 3を通して、調査兵団たちは幾多の戦いを切り抜けて、ようやくウォール・マリア奪還作戦のめどが立った。

『奪還作戦の夜』で描かれたのは、ウォール・マリア奪還作戦を直後に控えた兵士たちの姿だ。出陣を止めるよう進言したリヴァイに対して、手負いのエルヴィンが語った覚悟とは......?

また、今回は、出陣前の兵士たちの盛大な宴会シーンも大きな見どころのひとつ。肉を目にして正気を失ったサシャの暴走や、エレンとジャンの子供のようなケンカなど、思わず笑ってしまうようなやり取りが満載だった。『進撃の巨人』のギャグセンスに惹(ひ)かれるファンも多いが、今回は久々にギャグを堪能できたのではないだろうか。しかし、調査兵団の仲間たちのやり取りが明るいものであればあるほど、今後の戦いの激しさに思いをはせて胸が痛くなる。

『進撃の巨人』Season 3 Part.2は、2019年4月よりNHK総合にて放送される。第49話は、エンディングでの演出も話題をよんだ。そこで挿入された意味深長なシーンが、彼らの未来だというのか――?

【無料配信】「進撃の巨人」Season 3最新話を配信中(毎週月曜の正午更新)>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ