ここから本文です

お笑いコンビ・南海キャンディーズは、かつてはコンビ仲悪い芸人の代表格と言える存在だったが、近年は関係が良くなってきているらしい。しかし、"しずちゃん"こと山崎静代は、まだ複雑な感情を消化しきれていないようだ。

サムネイル

Nankai Candies members Ryota Yamasato (L) :May 8, 2018, Tokyo, Japan(写真:つのだよしお/アフロ)


【無料配信】「ゴッドタン」最新話を配信中>>

山里は、相方である山崎のブレークに嫉妬して、かなり厳しく接していた時期があったことを公言している。しかし、「M-1グランプリ2016」、「M-1グランプリ2017」に出場したり、山里がパーソナリティを務めるラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)に山崎がゲスト出演したりするなど、近年は関係の変化を感じさせている。

10月20日放送のテレビ東京系「ゴッドタン」では、人気企画「コンビ愛確かめ選手権」にコロコロチキチキペッパーズとダイアン、南海キャンディーズの3組が出場した。山里亮太は、「正直僕らって、"コンビ仲が悪い"の象徴だったんですけど、ここ最近はコンビ仲がよくなった。つい最近も一緒に飲みに行ったりした」と明かして、スタジオを驚かせた。

「コンビ愛確かめ選手権」では、「相方アンケートテスト」として、相方の書いたアンケート回答を当てるクイズが行われた。「一番仲が悪かった頃のエピソードは?」という問題に対して、回答者の山里は、「台本からしずちゃんのセリフを消していた」と予想した。なんと当時の山里は、「(しずちゃんが)これ以上売れると調子に乗る」「『あまりバラエティできないんだぞ』って空気出すために絶対しゃべらせないでおこう」と考えた結果、番組の台本を事前にチェックして、山崎に話が振られないように自身のトーク内容を組み立てていたそうだ。

山里が「今はこうやって仲良くなったからよかったけどね! 今でこそ笑い話」と笑顔を見せる一方、山崎は微妙な表情を浮かべた。さらに、山崎側は、トークをつぶされていた件について、「仲直りはまだしていない」と感じていることが明かされた。山里は、「仲直りしたじゃん! さっきだって、『元気?』ってしゃべったじゃん!」と反論したが、山崎は、「しゃべったけど、それが仲直りかどうかっていうのは......」ともらした。

関係が改善されたとはいえ、真の雪解けにまでは至っていなさそうな南海キャンディーズ。来週放送される「コンビ愛確かめ選手権」」後編で決着がつくが、一体どんな結果になるのか......?

【無料配信】「ゴッドタン」最新話を配信中>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ