ここから本文です

俳優・速水もこみちが、フランス料理界の重鎮からも活躍を期待される「Dersou」の関根拓シェフの料理に舌鼓を打った。"世界で1つだけのレシピ"を探求する速水は、関根シェフの美食論に刺激を受けたようだ。

サムネイル

フード・ドキュメンタリー番組「速水もこみちの世界でたった1つのレシピ」(毎週木曜日更新)


【無料配信】「速水もこみちの世界でたった1つのレシピ」配信中(毎週木曜日更新)>>

映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「速水もこみちの世界でたった1つのレシピ」(毎週木曜日更新、全9回)では、全編フランス現地ロケを敢行。そこで活躍する日本人シェフとともに、速水がオリジナルレシピを完成させる姿に密着したフード・ドキュメンタリー番組だ。

サムネイル
フード・ドキュメンタリー番組「速水もこみちの世界でたった1つのレシピ」(毎週木曜日更新)


第3回では、ジャンルという壁を取り払った独創的な料理に定評がある関根シェフの元を訪れた。目の前で関根シェフが調理を始めたが、速水はひとつひとつの食材に興味津々。また、「『他の店はこうだから』って理由で料理を出さない。うちの店はバニラがないんですが、そのかわりにアイスクリームを作るときも『じゃあ藁(わら)で香りをつけよう』という発想が生まれる。バニラがあることによってアイデアが止まっちゃうこともあると思う」など、関根シェフから斬新なメニューを生み出す秘訣(ひけつ)を聞いて、速水は共感を覚えていた。

サムネイル
フード・ドキュメンタリー番組「速水もこみちの世界でたった1つのレシピ」(毎週木曜日更新)


関根シェフは、「(ジャンルについては)『おいしい料理』と『おいしくない料理』くらいにしか思っていない」「自分の料理がフランス料理かどうかはどうでもいい」と語った。その言葉の通り、彼が作り出す料理は、まるで和食のような見た目のものもあり、新鮮な驚きにあふれている。インスピレーションを得た速水は、次回いよいよ関根シェフとともに"世界で1つだけのレシピ"作りに乗り出す。

サムネイル
フード・ドキュメンタリー番組「速水もこみちの世界でたった1つのレシピ」(毎週木曜日更新)


【無料配信】「速水もこみちの世界でたった1つのレシピ」配信中(毎週木曜日更新)>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ