ここから本文です

「ラブラブ漫才」で話題の夫婦お笑いコンビ・まんぷくフーフーが、恋人同士でコンビを結成することを決めた理由を明かした。電車内でイチャイチャしたときに起きた"ある出来事"が決め手になったらしい。

サムネイル

(C) ワタナベエンターテインメント


カップルだった芸人がコンビを組んだ訳>>

マービンJrと松丸ほるもんによる男女お笑いコンビ・まんぷくフーフーは、カップルならではのイチャイチャした漫才で人気を伸ばしている。8年間の交際を経て、今年8月についに結婚した。まんぷくフーフーが、映像配信サービス「GYAO!」のオリジナル番組「ぶるぺん」にゲスト出演して、ラブラブ漫才を披露したり、先輩芸人たちの粋な結婚祝いについて明かすなどした。

松丸がまだ養成所にいた頃に交際を始めたため、コンビ歴よりも交際歴のほうが長いらしい。番組MCを務めるお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介は、「それ結構いないよね?(恋人同士が)『じゃあコンビ組もうか!』っていうのは聞いたことない」と驚きの表情を浮かべた。

一体なぜ恋人同士でコンビを結成することになったのか? マービンJrは、「お互いピンになったんで。あと僕ら、普段からすごくイチャイチャするんですよ。電車でイチャイチャしてたら、学生たちが乗ってきて、僕らを見て爆笑したんですよ。『これ、面白いんだ』と思った」と振り返った。2人合わせて体重230kgのカップルがイチャつく姿は、笑いにつながるかもしれない。その狙いは当たり、試しに2人でネタを作ってお笑いライブに出演したところ、普段よりはるかに良い結果を残すことができたらしい。

ただ、結婚については周囲から賛否両論が寄せられたそう。「カップルのままのほうがウケるんじゃないか」という反対意見があったことをマービンJrが明かすと、松尾は、「結婚しているほうが見やすいけどね」とコメント。マービンJrは、「ありがとうございます!」と頭を下げて、松丸も「うれしい、よかった」と語った。

カップルだった芸人がコンビを組んだ訳>>

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ