ここから本文です

女優の米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」の第3話が、10月25日に放送された(毎週木曜21時~)。俳優の三浦翔平がホスト役を演じ、女性視聴者のハートをつかんでいるようだ。

サムネイル

Shohei MiuraOmega 'Lost in Space' anniversary party, Arrivals, Tate Modern, London, UK - 26 Apr 2017Omega hosts event to mark the 60th anniversary of Speedmaster(写真:Shutterstock/アフロ)


【無料配信】「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」最新話を配信中>>

とある理由で弁護士資格を剥奪された"元"弁護士の小鳥遊翔子(米倉涼子)は、言葉巧みに弱小弁護士らを次々とスカウトし、新事務所「京極法律事務所」を設立。大手弁護士事務所を相手に勝利を懸けた戦いを挑んでいく。第3話は、妻を殺害した容疑で逮捕されたが、無実を主張する男性の案件に協力するという展開だった。

茅野明(三浦翔平)は、「京極法律事務所」のパラリーガル(弁護士事務所のアシスタント)でありながら、現役のホストでもある。天性の人たらしで人懐っこく、翔子からかわいがられる存在だ。第3話では、ホストが場を盛り上げる"ハイハイコール"をしながらシャンパンを配るシーンもあり、三浦のイケイケぶりに視聴者からは「いい感じにチャラい」「三浦翔平くんのホスト役がハマり役ですごい好き」「ホストの三浦翔平とか最高すぎ」など絶賛の声が寄せられた。

ほかにも同ドラマでは、林遣都が「京極法律事務所」の若手弁護士役、向井理が大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」のエース弁護士として出演している。イケメン俳優を数多く見られるのも、同ドラマの魅力のひとつだといえるだろう。

11月1日放送の第4話では、200億円の遺産をめぐる相続バトルが勃発。「峰島興業」の会長・峰島恭介(竜雷太)が病死し、遺産は一人息子が全額相続するという方向で話は落ち着こうとしていた。しかし、斎場で峰島恭介の妻を名乗る女性・峰島玲奈(島崎遥香)が現れ――。

【無料配信】「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」最新話を配信中>>

(文/山内光太郎@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ