ここから本文です

 星森ゆきもの大人気コミックを実写映画化した『ういらぶ。』(11月9日公開)。同じマンションに住む幼なじみ男女4人の高校生の前に、最強ライバル兄妹が現れたことで織り成す青春ラブストーリーで、思いと行動が真逆の、こじらせ男子・凛(King & Prince・平野紫耀)と、凛に言いなりの超ネガティブ女子・優羽(桜井日奈子)の恋の行方を、温かく見守る坂下暦 & 藤蛍太を演じた玉城ティナと磯村勇斗。

 二人は、11月9日の映画公開に先駆け11月2日から「GYAO!」で配信されるスピンオフドラマ「ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-」で主演を務める。「スピンオフドラマをやったことで役柄の理解が深まった」という玉城&磯村が、ドラマの見どころや、映画本編での撮影エピソードなどを語った。

サムネイル

玉城ティナ&磯村勇斗 映画『ういらぶ。』(11月9日公開、King & Prince・平野紫耀 主演)


【無料配信】玉城ティナ&磯村勇斗が主演を務めるスピンオフドラマ「ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-」 第1話>>

------------------------
■同世代の現場は「とにかく楽しかった」

サムネイル
映画『ういらぶ。』(11月9日公開、King & Prince・平野紫耀 主演)


――それぞれが演じた役柄についての感想と、ご自身が似ているなと思う部分ありましたら教えてください。

玉城: 暦は優羽のことを常に考えている友達思いなところがあり、わりと客観的に周囲を見られるタイプなんです。その一方で、結構独りよがりなところもあって、自分の考えで決めつけてしまう部分もあります。似ている部分は、第一印象で「きつそう」と思われるところ。そう見られがちなので......(笑)。

磯村: 蛍太は、見守る"オカン系男子"です(笑)。優羽と凛のことはもちろん、暦のことも良く見ています。ただ優しくアドバイスしているのはいいのですが、自分の意見を出さないところは弱点でもあるんです。バランサーとしての役割を担っているのですが、もっと自分を出してもいいのかなと演じていて思いました。僕も、普段はあまり自分が思っていることを素直に言えるタイプではないので、そこは似ているかもしれません。

サムネイル
玉城ティナ&磯村勇斗が主演を務めるスピンオフドラマ「ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-」


――同世代が集まった作品でしたが、撮影現場はいかがでしたか?

玉城: 劇中、キャンプをするシーンがあるのですが、実際にお肉を焼いたりしてワイワイ楽しかったです。

磯村: みんながそろうシーンは楽しかったです。でも特になにか内容のある話をしているわけではないんです。本当に学校の休み時間のような......。

玉城: 高校生ってそんな感じですよね。特に会話に内容がないことが多いし(笑)。最初、幼なじみ役と聞いたとき、距離感が難しいなと思ったのですが、撮影が始まると、自然にそういう感じになれたので、共演者には助けられました。

磯村: たわいもないことで笑いあったり、突っ込んだり......。その空気感はとてもリアルでしたね。

――それぞれ共演者の印象は?

磯村: 紫耀くんは本当にムードメーカーで、おかげで現場が楽しくて。感受性豊かで天然。すごくかわいいです。

玉城: 日奈ちゃんは、会って印象が変わりました。写真のイメージだとフワーっとした感じと思っていたのですが、落ち着いていて、同い年ということもありましたが、とても話しやすかったです。

磯村: 桜井さんは、とても真面目で仕事熱心な人でした。紫耀くんとのバランスも面白かった。

玉城: (伊藤)健太郎も同い年だったので話しやすかったです。

磯村: 健太郎は他の作品でも一緒にやっていましたし、飲みにも行く仲なのですが、男気があっていいやつです。

玉城: (佐伯実花役の)桜田ひよりちゃんは、めっちゃかわいい! なんか親みたいな目線で見ちゃいます。「いまの若い子ってなにがはやっているの?」みたいに聞いちゃう感じですね。

■男女の友情は成立する!?

――二人の関係性は、凛と優羽のような"恋愛"として描かれていませんが、男女の友情は成立すると思いますか?

玉城: そういう存在は欲しいですし、きっとあると思います。でも男友達が全然いないので......(苦笑)。ただ、二人で遊ぶとかは難しいのかなって。

磯村: 友達だと思っていても、結局異性だから、なにか意識はしてしまうと思うんです。個人的にはやっぱり難しいのかなと......。僕も男女で本当に「友達だ」という人に会ってみたいですね。

玉城: ただ、20歳を過ぎたので、友達みたいにワイワイできる相手がいたら楽しいかなとは思います。

サムネイル
玉城ティナ&磯村勇斗が主演を務めるスピンオフドラマ「ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-」


――「好きな人に思いを伝える」というのも作品のテーマですが、お二人はできますか?

玉城: 無理―! 好きって言われないと自分からは動けないです。というより好きって言ってもらえないと、相手の気持ちに気づけないかも。

磯村: 言ってもらえないと、好きだという気持ちが芽生えないの?

玉城: あまりそういうのに気づけないんです。自分もそこまで好きという気持ちになれなくて......。好きって言われたら「へーそうなんだ」って意識し始める感じかもしれません。

磯村: 僕は積極的に「好きなら好き」と言います。

――ギャップ萌(も)えみたいなものはありますか?

玉城: 第一印象があまり良くないほうがいいです。最初が良いと、あとはマイナスになっていくだけじゃないですか。むしろ悪いぐらいの方がいいかもしれません。

磯村: 「この人意外と家庭的だな」って部分が垣間見えると、ギャップ萌(も)えを感じますね。

■『ういらぶ。』スピンオフドラマは、磯村&玉城のセリフ劇に注目

――『ういらぶ。』スピンオフドラマでは、オセロをしながらのお二人のトークが見どころだと思うのですが、映画につながるこうした試みというのはいかがでしたか?

玉城: 映画が始まる1週間前から配信(11月2日)されるということで、このドラマを見て、映画に対する期待が上がってくれるとうれしいです。映画の内容とリンクするところもたくさんあるので。

磯村: 映画に出てくる大事な情報も結構入っているので、まずはドラマを見ていただいて、そのあと映画を鑑賞すると、ドラマで言っていたことも分かるだろうし、さらに映画を見たあと、ドラマをまた見ていただくと、新たな気づきもあると思います。その意味では、とても面白い企画ですね。

サムネイル
玉城ティナ&磯村勇斗が主演を務めるスピンオフドラマ「ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-」


――ドラマではお二人のセリフ劇が楽しめますね。

玉城: よく(撮影)終わりましたよね。

磯村: 本当に、よく終わったよね(笑)。

玉城: 撮影は一日だったのですが、私は何回かセリフを間違えてしまったんです。でも磯村さんは本当に完璧で......すごいですよね。

磯村: 間違えているんですよ。うまくごまかしているだけ(笑)。でもあれだけ極限状態のほうが集中力も上がるし、スピンオフドラマに命かけてやっていたので、すごく楽しかったです。

玉城: 蛍太と暦のキャラクターもよく分かる会話劇になっていますよね。

――映画や役柄への理解も深まりましたか?

磯村: 深まりました。ただこの撮影は映画のあとに撮ったのですが、順番としては映画の撮影前にやりたかったなという思いはありました。気づけたことも多かったし、蛍太と暦の性格も深くまで理解できました。

玉城: 映画の撮影から、少し時間がたっていたので、いろいろ思い出しながら撮影をしていましたが、徐々にいろいろなことを思い出す過程で、また役柄への理解は深まりました。

――ドラマの見どころを。

磯村: 8話すべてが違うテーマなのですが、どれも映画につながっていくので、まず映画の予習と言う気持ちで、公開前に見ていただきたいですね。蛍太と暦のキャラクターを通じて、映画をより深く楽しんでもらえると思います。

玉城: ドラマを見ると、いろいろなところに疑問が湧いてきたり、映画の展開がどうなるんだろうとワクワクしたりしながら予想する楽しみが増えると思います。そして映画を見終わったあとに、再度ドラマを見て答え合わせをしていただけたらうれしいです。

サムネイル
玉城ティナ&磯村勇斗 映画『ういらぶ。』(11月9日公開、King & Prince・平野紫耀 主演)


【無料配信】玉城ティナ&磯村勇斗が主演を務めるスピンオフドラマ「ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-」 第1話>>

・・・・・・・・
「もう幼なじみのままじゃいられない!」
平野紫耀(King & Prince)主演、究極の"こじらせ"ラブ映画。大好きすぎて「好き」って言えない、こじらせまくりのラブ・デイズ。LINEマンガ少女部門月間1位、累計180万部突破の人気コミックが映画化。映画『ういらぶ。』は、11月9(金)公開。

それにさきがけ、映像配信サイト「GYAO!」にて玉城ティナと磯村勇斗出演のスピンオフドラマ『ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-』を11月2日(金)から配信する。(全8話/各4分予定)

【無料配信】スピンオフドラマ『ういらぶ。-初々しい恋を見守るふたりのおはなし-』(全8話/各4分予定)>>

配信スケジュール:
第1話:2018年11月2日(金) 12:00
第2話:2018年11月3日(土)0:00
第3話:2018年11月4日(日)0:00
第4話:2018年11月5日(月)0:00
第5話:2018年11月6日(火)0:00
第6話:2018年11月7日(水)0:00
第7話:2018年11月8日(木)0:00
最終話:2018年11月9日(金)0:00

(取材・文・撮影:磯部正和)
(C)2018 『ういらぶ。』製作委員会(C)星森ゆきも/小学館

-----------------------
玉城ティナ(たましろ・てぃな)
1997年10月8日生まれ、沖縄県出身。2014年ドラマ「ダークシステム 恋の王座決定戦」で女優デビュー。2016年には『オオカミ少女と黒王子』、『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』、2017年には『暗黒女子』、『ドルメンX』などの映画に出演し、2018年『わたしに××しなさい』で映画初主演を果たす。

磯村勇斗(いそむら・はやと)
1992年9月11日生まれ、静岡県出身。2015年「仮面ライダーゴースト」に出演し注目を集めると、2017年放送の連続テレビ小説「ひよっこ」では、有村架純演じる主人公・みね子の相手役として大きな話題を呼ぶ。現在放送中の連続ドラマ「SUITS/スーツ」や「今日から俺は!!」に出演中。

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ